ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

ポルシェ911 カレラ 

長野県からの作業依頼分、84yカレラ、
s-dc022605_201503022100460e1.jpg
s-dc022482.jpg
s-dc022490.jpg
エンジン本体は、オーナーが自分で降ろし、
積載車にて工場へ搬入。
s-dc022491.jpg
足回りが、トーションバーから、コイルオーバーに変更してあるので、
s-dc022613_20150302205653264.jpg
s-dc022610_201503022056514a2.jpg
取り付け部骨格の、ボディ補強からで、
s-dc022499.jpg
s-dc022495.jpg
エンジンルーム内は再塗装するので、
残っている配線等の付属部品の取り外しから。
s-dc022677.jpg
s-dc022751.jpg
s-dc022697.jpg
s-dc022691.jpg
溶接作業時に危ないので、燃料パイプも取り外し~。
s-dc022774.jpg
s-dc022835.jpg
こんな感じで、付属部品全部取り外し後、
シンナーを含ませたウエスにて、綺麗に拭き掃除まで完了~。
s-dc022897.jpg
s-dc022887.jpg
s-dc022893.jpg
遠方のお客様には、こうした日々の作業を、
写真にてメールさせて頂いてますので、
工場に預けたけど、どうなっているのか解らないなと゛の
心配はなく、日々対応させて頂いてます。
スポンサーサイト

カテゴリ: 1984y ポルシェ911 カレラ

[edit]

Posted on 2015/03/02 Mon. 21:39    TB: --    CM: --

レンジローバー アルミホイール塗装 

現行モデルレンジローバーの、アルミホイール塗装依頼分。
s-dc022654.jpg
22インチのアルミホイール、デカイの一言。
s-dc022656.jpg
ここまでくると、重さもかなりあり、持ち運びも大変、、、。
s-dc022662.jpg
作業的には、汚れを綺麗に拭き取ってから、
s-dc0226105.jpg
塗装面すべてをサンディングしてから、
s-dc0226113.jpg
s-dc0226117.jpg
ハブとの当たり面が、塗料が付着しないようにマスキングしてから、
s-dc0226137.jpg
アルミホイール4本塗装ブースに並べて、
s-dc0226120.jpg
脱脂後、最初裏面から塗装。
s-dc0226133.jpg
s-dc0226141.jpg
s-dc0226144.jpg
塗装後にひっくり返して、続いて表面の塗装。
s-dc022725.jpg
塗装した色は、艶消しブラック。
塗装面も22インチになると、かなりの塗装面積で、
s-dc022727.jpg
スタンドックス塗料、スペシャルマットを使っての塗装仕上げ。
簡易的な艶消し塗装仕上げとは、質感が違いますよ~ん。。
s-dc022733.jpg
同様に、センターキャップ4個も塗装。
s-dc022745.jpg
s-dc022744.jpg
70度の温風にて強制乾燥後、塗装ブースから
ホイールを取り出して、ハブとの当たり面の
マスキングテープ剥がし。
s-dc030302_20150303203142007.jpg
こんな所でも、塗装してしまうと、
当たり面変わってしまうので、要注意箇所。

最後にタイヤを取り付けして頂き、
22インチ、アルミホイール塗装、完成~。
s-dc030330.jpg

カテゴリ: アルミホイール塗装

[edit]

Posted on 2015/03/03 Tue. 20:39    TB: --    CM: --

ボルボ V70 

フロントバンパーとフロントグリルの部品待ちの状態のV70

その間によく塗膜乾燥後、マスキングしてから磨きの工程。
s-dc0219147.jpg
マスキングするのは、磨き時にコンパウンドが飛び散り
隅々に付着してしまい取れなくなるのを防ぐ目的のため。

こうして、磨き終えたボディ。
s-dc0219145.jpg

どうこうしている間に、新品フロントバンパーが本国から入荷。

ちなみに、塗装済みの状態での部品供給のため、
特に塗装などの作業はなし。

同時期に、社外フロントグリルも到着。
s-dc022847_20150306214147aea.jpg
塗装するために、下地調整のためサフェサーを塗装してから、
s-dc030207.jpg
スタンドックスの中で、スパーク感の一番強いシルバーを塗装。
s-dc030217.jpg
s-dc030222.jpg
塗装後に、ネットを取り付けしてフロントグリル完成。
s-dc030307.jpg
これらのパーツを部品組み付けして、
s-dc030315.jpg
完成~。
s-dc030601.jpg
s-dc030615.jpg
s-dc030626.jpg
s-dc030625.jpg
最後に、今回の作業依頼どうもありがとうございました。

今後とも、宜しくお願いします。

カテゴリ: ボルボ V70

[edit]

Posted on 2015/03/06 Fri. 21:59    TB: --    CM: --

臨時休業のお知らせ 

誠に勝手ながら3月18日(水)は、
午後からの営業となります。

ボディショップ シラサキ
  白崎 修一
s-dc0311113.jpg

カテゴリ: お知らせ

[edit]

Posted on 2015/03/07 Sat. 21:37    TB: --    CM: --

ソアラ GZ20 オールペイント 

オールペイントの、ソアラ GZ20、
s-dc022178_20150309205334afa.jpg
s-dc022181.jpg
取り外ししたドアモールの両面テープの糊跡、
s-dc022424_20150309205422488.jpg
遠赤にて加熱しながら、ちまちまと少しづつの作業で、
一緒にツインカム24シールも取り外し。

仕上げは、シンナーにての拭き、除去完了。
s-dc022463.jpg
目立った大きな凹みはなかったのだが、
細かいエクボをパテにて面修正のためパテ付け。
s-dc022419.jpg
平行して純正エアロをドナー車から取り付けするため
まずはトランクの付け替えから。
s-dc022401.jpg
トランクスポイラーだけでも、これだけ穴あり。
s-dc022403.jpg
リヤフェンダー側は、新たに穴あけ加工となり、
ドナー車から、位置がずれないように、
s-dc022436.jpg
この穴を正確に、穴開け作業~。

簡単そうで、以外と難しい作業で、
穴開け位置ずれると、はめ込みにて取り付けが出来なくなり、
上手く固定出来なくなるところ。

こうした作業、取り付けパターンをマスターしてしまえば、
簡単なのだが、、、。
s-dc0224136.jpg
ちなみによくある作業で、マスキングテ゜ープを使って
型紙作りでの方法だと、高い確率にて失敗するよ。

理由は簡単で、マスキングテープは紙なので、
剥がす時に伸びてしまい、位置ずれしてしまうため、、、。
s-dc022444.jpg
s-dc022450.jpg
s-dc022456.jpg
続いて、各部のパテ研ぎしてから、
s-dc022628.jpg
s-dc022617_20150309205536518.jpg
窓枠にあったブチルゴムの清掃や
汚れの辞去作業をしてから、
s-dc0224129.jpg
塗装ブースに車移動して、マスキングして、
サフェサーの塗装まで、作業完了~。
s-dc022641.jpg
s-dc022648.jpg
s-dc022646.jpg

カテゴリ: ソアラ GZ20

[edit]

Posted on 2015/03/09 Mon. 21:33    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード