FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

ソアラ GZ20 オールペイント 

タービン取り外しして、リビルト部品を調達~。
P1830633 (640x480)
ツインターボなので、当然2個買わなくてはいけないので、
お金払う側としては、痛恨の部品代ですが、、、(笑)
P1830635 (640x480)
でも、新しいので気持ち良いですが。

ちなみに、古いタービン2個
P1830643 (640x480)
終わってます(笑)
P1830647 (640x480)
ガスケット類部品注文したのだが、
P1830638 (640x480)
折れたフロントパイプのスタッドボルト2本、
P1830559 (640x480)
トヨタ部品から、製造廃止との回答、、、。

何故こんな部品が無いのだろうと
ブツブツ文句言いながら、折れた2本のボルト外し、
とてつもなく固くて、暑い中ガスで加熱しながらの
撤去作業、最悪。
P1830622 (640x480)
ちなみにスタッドボルト2本、ネジピッチ測ってネットで検索したら、
何故かどこにもないし???

近くのボルト卸業者にM10XP1.25のスダットボルト下さいと言ったら、
規格外のボルトのため入手不可だって、、、。

最悪、、、。

しょうがなく、再度ネット検索にて色々と検索して
なんとか入手したスタッドボルト。
DSC_1973 (640x428)
こんなボルトでえらく苦労させられたし、、、。

早速新品タービンを組み付けして、
DSC_1774 (640x428)
車側に取り付け~。
DSC_1790 (640x428)
DSC_1977 (640x428)
DSC_2834 (640x428)
付属部品取り付けして、タービン交換完成。
DSC_3145 (640x428)
エンジン始動して、残っているオイルを焼き切り中の
GZ20ソアラでした。
DSC_3176 (640x428)

カテゴリ: ソアラ GZ20

[edit]

Posted on 2015/08/08 Sat. 21:46    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

台車の上に固定したハコスカ GT-R、
DSC_1611 (640x428)
DSC_1613 (640x428)
最後の部品、外板パネルを取り外しして、
DSC_1661 (640x428)
DSC_1654 (640x428)
DSC_1664 (640x428)
ドンガラボディ~。
DSC_1648 (640x428)
ここから剥離作業で、一番最初にエンジンルーム内から
剥離するにあたり、凹み箇所の修理で、
まずは、コアサポート上部の凹みから。
DSC_1827 (640x428)
DSC_1828 (640x428)
どうしてこんな所が破損するのかと、
疑問に思いながら修理作業へ。
DSC_1845 (640x428)
同じくラジエター固定部のコアサポート修理。
DSC_1824 (640x428)
DSC_1829 (640x428)
ハンマーと当盤にて、元の形に修正。
DSC_1849 (640x428)
続いて、左テンションブラケットの凹み修理。
DSC_1860 (640x428)
元の形に戻すために、クランプにて固定後、
下方向に力加えながら修正。
DSC_1865 (640x428)
DSC_1879 (640x428)
その後、エンジンルーム内にある配線留め金具に
付いている保護テープ、
DSC_1804 (640x428)
ビニール系の材質で、上から塗装してあるのを見ると、
どうもメーカー製造ラインの工程では、
金具に対して、被せてから塗装してあるようなので、
DSC_1758 (640x428)
取ってみようとしたら、なかなか取れないし、、、。

このような作り、ポルシェの930や、ローバーミニなんかも
このようになっているのだが、
手で引っ張ると取れてくるのだが、
ハコスカの場合、どうも熱収縮タイプのようで、
先端部は袋状になっている。

熱加えたりして見たのだが、効果的な方法でなく、
どうにか3個ほど取ったのだが、
DSC_1767 (640x428)
予想通り、金具は素地金属状態で、
表面にはウス錆びあり。
DSC_1766 (640x428)
上手くいけば、剥離剤にてビニールふやけて
取れるも知れないので、この状態にして剥離することに決定。

でも、取ったビニールカバーの中を覗き込むと、
錆びの粉が入り込んでいるので、
どのみち再利用は出来なさそうのだが、、、。

こなんか感じで、剥離前の下準備完了の
KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストアでした。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2015/08/09 Sun. 21:35    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

お盆休みなのだけど、実作業より更新遅れているので、
KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア分のブログ更新。

ここからが剥離の作業なのだけど、
車1台、裏も表も中も剥離しなくてはいけないのだが、
どこから順番に剥離作業して行こうと、
頭の中で段取りを組んで、
ます゛は、エンジンルーム内からで、
フェンダーエプロンの裏面からの作業開始のため、
車をちょい傾斜させて、
DSC_1915 (640x428)
ここの面から剥離することに。
DSC_1672 (640x428)
こうした所は、走行時に跳ねた小石が当たっても
ボディ大丈夫なように、アンダーコートが塗装されている。

これは、今の車も同じ作りで、ハコスカの場合だと、
フェンダーライナーが付属していない分、
アンダーコート塗装面が広い。
DSC_1679 (640x428)
このアンダーコートに直接剥離剤を塗り塗りすると
DSC_1920 (640x428)
アンダーコートが、科学薬品のパワーにて
剥がれ取れ浮き上がってくる魔法の薬。(笑)
DSC_1947 (640x428)
DSC_1954 (640x428)
DSC_1953 (640x428)
浮き上がってきたのを、ヘラで取ると
DSC_2036 (640x428)
こんな風に、素地金属状態になるのが、剥離。

こうして、説明するとだれにでも簡単に
出来ると思われがちなのだが、
実作業は、なかなか取れずに
かなり苦労させられる重労働作業。

良い子は、これを見て絶対に真似て作業しない事。(笑)

こうした剥離作業は、、下地に対する知識と、
実務経験あるのみで、確実に取り返しの付かない
出来事になりますよ~ん。

あと、剥離作業浮いた塗膜の辞去には、金属系のヘラはダメ。

理由は、素地金属に対して深いキズが付き、
それがのちのに塗膜表面に出て来るので。

ワイヤーブラシが付いた、カップブラシもダメ。

塗装剥がしに使う、サンダーもダメ。

ダメダメの3原則。

これは、剥離の基本で、昔は当たり前だった作業であり、
昔から、こうして覚えてきた作業の1つ。

今回は、ヒノキのパテヘラと小さいプラスチックのヘラで辞去作業。
DSC_2125 (640x428)
DSC_2141 (640x428)
剥離後は水洗いが鉄則。
DSC_2042 (640x428)
理由は簡単、剥離剤は水性のため、
水洗いにて取れるので、とにかく綺麗に洗い流す事。
DSC_2045 (640x428)
水洗い完了後、エアブローにて乾燥させて、
剥離剤による塗膜剥離は終わり。

深いキズは入ってないですよ~ん。。。
DSC_2064 (640x428)
隅々も取れてますよ~ん。。。。。

ただ、剥離剤を塗れば、取れる物ではないですよ。
DSC_2058 (640x428)
DSC_2056 (640x428)
DSC_2047 (640x428)
次は反対側作業するため、逆側に傾斜させて、
DSC_2087 (640x428)
同じくここを
DSC_2072 (640x428)
剥離剤にて、剥離。
DSC_2095 (640x428)
DSC_2127 (640x428)
水洗いして
DSC_2146 (640x428)
DSC_2149 (640x428)
右側の剥離完了。
DSC_2158 (640x428)
左同様に、顔を入れて目視出来るところは
すべて辞去OK。
DSC_2178 (640x428)
DSC_2177 (640x428)
DSC_2174 (640x428)
DSC_2169 (640x428)
DSC_2168 (640x428)
DSC_2163 (640x428)
こうした1個1個の作業、すごく地味で手間かかりますが、
こんな感じにて作業している、
KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2015/08/12 Wed. 22:25    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

昨日に続いて、KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストアの更新。

左右タイヤハウスの次に剥離したのが、エンジンルーム内。
DSC_2195 (640x428)
ただ、剥離前に考えておかない所、
その1
ワイパーカウル内
DSC_2203 (640x428)
DSC_2206 (640x428)
サビとかあるので、
DSC_2207 (640x428)
剥離できるところは作業したほうが良し。
DSC_2205 (640x428)
その2
フロントパネルの内部、
DSC_2223 (640x428)
ハコスカのボディ構造上、下段4個の楕円穴内部は、
袋状のパネル形態となっており、ここを作業しようとした場合、
フロントパネルを取り外しする必要があるのだが、
このフロントパネルはスポット溶接にて固定されているので、
取り外し=パネル交換。

でも、内部除き込むとそれ程酷くさびが発生していないので、
今回は、取らずに作業する事となったので、
内部には極力剥離剤入れないようにして、作業することに。

下手に剥離剤入れてしまい、薬品が反応して塗膜剥がしても
袋状の内部へは、何の道具入らないので、
浮き上がった塗膜は落とせないし、
取れたカスも、内部から出てきませんよ。

こうした剥離作業、なんでもすれば良いと言った物ではなくて、
トータルに物事を考えての判断が重要。

こんな段取りの元、傾斜角度最大にて、剥離開始。
DSC_2232 (640x428)
単純にエンジンルーム内へ、中に入って剥離したら、
剥離剤が体に付着してしまい、大変だから~。
DSC_2235 (640x428)
剥離作業手順は、前回のタイヤハウスと同じ工程。
DSC_2243 (640x428)
DSC_2250 (640x428)
DSC_2276 (640x428)
逆に傾斜させて、
DSC_2279 (640x428)
またひたすら剥離するべし。
DSC_2284 (640x428)
DSC_2288 (640x428)
DSC_2299 (640x428)
エンジンルーム内終えたら、車を水平にして、
DSC_2311 (640x428)
フロントパネルの剥離。
DSC_2320 (640x428)
DSC_2326 (640x428)
DSC_2331 (640x428)
DSC_2362 (640x428)
DSC_2371 (640x428)
DSC_2368 (640x428)
すべての剥離終えたら、車を外に出して、
DSC_2388 (640x428)
ずぶ濡れになりながら、水洗い~。
DSC_2384 (640x428)
この時期のパンツまで濡らしての水洗い、
子供の時の水遊びを思い出して、
結構楽しい作業(笑)
DSC_2383 (640x428)
水洗い後、綺麗にエアブローして
DSC_2392 (640x428)
エンジンルーム内とフロントパネルの剥離完了。
DSC_2398 (640x428)
DSC_2400 (640x428)
DSC_2401 (640x428)
世の中お盆休みなのだが、
また明日、KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア
更新しますよ~ん(笑)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2015/08/13 Thu. 21:32    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業、
エンジンルーム内、タイヤハウス内部、フロントエプロン、
ワイパーカウルの剥離終えた各部の詳細。
DSC_2392 (640x428)
まずは左タイヤハウス内部から。
DSC_2518 (640x428)
アンダーコート裏面で、これだけサビあった状態で
腐食ではないので、特に問題はないのだが、
これだけ広範囲にサビ周っているのが良く解る。
DSC_2522 (640x428)
DSC_2523 (640x428)
DSC_2525 (640x428)
DSC_2524 (640x428)
右側の状態。
DSC_2541 (640x428)
左側と見比べると、こちらの方がややサビ少ない。
DSC_2546 (640x428)
DSC_2548 (640x428)
DSC_2560 (640x428)
DSC_2566 (640x428)
DSC_2579 (640x428)
DSC_2529 (640x428)
次に、ワイパーカウル内部。
DSC_2415 (640x428)
手が入るだけ剥離したのだが、
DSC_2416 (640x428)
DSC_2413 (640x428)
DSC_2411 (640x428)
サビはあるのだが、予想していたより良好。
DSC_2501 (640x428)
DSC_2412 (640x428)
ダッシュパネルの状態、良好。
DSC_2457 (640x428)
左フェンダーエプロンと左サイドメンバーの状態。
DSC_2456 (640x428)
DSC_2462 (640x428)
DSC_2461 (640x428)
バッテリー周辺にサビ多し。
DSC_2407 (640x428)
DSC_2496 (640x428)
右側の状態。
DSC_2455 (640x428)
DSC_2466 (640x428)
DSC_2405 (640x428)
DSC_2404 (640x428)
DSC_2468 (640x428)
最後にフロントパネル。
DSC_2434 (640x428)
サビてはいるのだが、腐食による穴あき箇所はなし。
DSC_2437 (640x428)
DSC_2439 (640x428)
DSC_2450 (640x428)
DSC_2451 (640x428)
DSC_2449 (640x428)
ちなみに裏面の隅々まで剥離してあり。
DSC_2471 (640x428)
DSC_2430 (640x428)
DSC_2427 (640x428)
こうして剥離作業する事により、
目視にて事故歴もはっきりと解るのだが、
フロント部はまったく修復歴なしの状態を確認。

最後に、配線留め金具の保護テープ、
DSC_2585 (640x428)
予想通り、薬品の力で伸びが生じて7割程度は取れたのだが、
DSC_2590 (428x640)
中身にサビあるので、これを再利用するかは不明。

ちなみに金具は、全部サビあり状態でダメだった。
DSC_2596 (640x428)
今日で3日続けてのKPGC10 ハコスカ GT-R 
フルレストア作業のブログ更新、
明日も特にする事ないので、更新予定(笑)(笑)(笑)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2015/08/14 Fri. 22:06    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード