FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

台車の上に固定したハコスカ GT-R、
DSC_1611 (640x428)
DSC_1613 (640x428)
最後の部品、外板パネルを取り外しして、
DSC_1661 (640x428)
DSC_1654 (640x428)
DSC_1664 (640x428)
ドンガラボディ~。
DSC_1648 (640x428)
ここから剥離作業で、一番最初にエンジンルーム内から
剥離するにあたり、凹み箇所の修理で、
まずは、コアサポート上部の凹みから。
DSC_1827 (640x428)
DSC_1828 (640x428)
どうしてこんな所が破損するのかと、
疑問に思いながら修理作業へ。
DSC_1845 (640x428)
同じくラジエター固定部のコアサポート修理。
DSC_1824 (640x428)
DSC_1829 (640x428)
ハンマーと当盤にて、元の形に修正。
DSC_1849 (640x428)
続いて、左テンションブラケットの凹み修理。
DSC_1860 (640x428)
元の形に戻すために、クランプにて固定後、
下方向に力加えながら修正。
DSC_1865 (640x428)
DSC_1879 (640x428)
その後、エンジンルーム内にある配線留め金具に
付いている保護テープ、
DSC_1804 (640x428)
ビニール系の材質で、上から塗装してあるのを見ると、
どうもメーカー製造ラインの工程では、
金具に対して、被せてから塗装してあるようなので、
DSC_1758 (640x428)
取ってみようとしたら、なかなか取れないし、、、。

このような作り、ポルシェの930や、ローバーミニなんかも
このようになっているのだが、
手で引っ張ると取れてくるのだが、
ハコスカの場合、どうも熱収縮タイプのようで、
先端部は袋状になっている。

熱加えたりして見たのだが、効果的な方法でなく、
どうにか3個ほど取ったのだが、
DSC_1767 (640x428)
予想通り、金具は素地金属状態で、
表面にはウス錆びあり。
DSC_1766 (640x428)
上手くいけば、剥離剤にてビニールふやけて
取れるも知れないので、この状態にして剥離することに決定。

でも、取ったビニールカバーの中を覗き込むと、
錆びの粉が入り込んでいるので、
どのみち再利用は出来なさそうのだが、、、。

こなんか感じで、剥離前の下準備完了の
KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストアでした。
スポンサーサイト



カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2015/08/09 Sun. 21:35    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード