FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

お盆休みなのだけど、実作業より更新遅れているので、
KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア分のブログ更新。

ここからが剥離の作業なのだけど、
車1台、裏も表も中も剥離しなくてはいけないのだが、
どこから順番に剥離作業して行こうと、
頭の中で段取りを組んで、
ます゛は、エンジンルーム内からで、
フェンダーエプロンの裏面からの作業開始のため、
車をちょい傾斜させて、
DSC_1915 (640x428)
ここの面から剥離することに。
DSC_1672 (640x428)
こうした所は、走行時に跳ねた小石が当たっても
ボディ大丈夫なように、アンダーコートが塗装されている。

これは、今の車も同じ作りで、ハコスカの場合だと、
フェンダーライナーが付属していない分、
アンダーコート塗装面が広い。
DSC_1679 (640x428)
このアンダーコートに直接剥離剤を塗り塗りすると
DSC_1920 (640x428)
アンダーコートが、科学薬品のパワーにて
剥がれ取れ浮き上がってくる魔法の薬。(笑)
DSC_1947 (640x428)
DSC_1954 (640x428)
DSC_1953 (640x428)
浮き上がってきたのを、ヘラで取ると
DSC_2036 (640x428)
こんな風に、素地金属状態になるのが、剥離。

こうして、説明するとだれにでも簡単に
出来ると思われがちなのだが、
実作業は、なかなか取れずに
かなり苦労させられる重労働作業。

良い子は、これを見て絶対に真似て作業しない事。(笑)

こうした剥離作業は、、下地に対する知識と、
実務経験あるのみで、確実に取り返しの付かない
出来事になりますよ~ん。

あと、剥離作業浮いた塗膜の辞去には、金属系のヘラはダメ。

理由は、素地金属に対して深いキズが付き、
それがのちのに塗膜表面に出て来るので。

ワイヤーブラシが付いた、カップブラシもダメ。

塗装剥がしに使う、サンダーもダメ。

ダメダメの3原則。

これは、剥離の基本で、昔は当たり前だった作業であり、
昔から、こうして覚えてきた作業の1つ。

今回は、ヒノキのパテヘラと小さいプラスチックのヘラで辞去作業。
DSC_2125 (640x428)
DSC_2141 (640x428)
剥離後は水洗いが鉄則。
DSC_2042 (640x428)
理由は簡単、剥離剤は水性のため、
水洗いにて取れるので、とにかく綺麗に洗い流す事。
DSC_2045 (640x428)
水洗い完了後、エアブローにて乾燥させて、
剥離剤による塗膜剥離は終わり。

深いキズは入ってないですよ~ん。。。
DSC_2064 (640x428)
隅々も取れてますよ~ん。。。。。

ただ、剥離剤を塗れば、取れる物ではないですよ。
DSC_2058 (640x428)
DSC_2056 (640x428)
DSC_2047 (640x428)
次は反対側作業するため、逆側に傾斜させて、
DSC_2087 (640x428)
同じくここを
DSC_2072 (640x428)
剥離剤にて、剥離。
DSC_2095 (640x428)
DSC_2127 (640x428)
水洗いして
DSC_2146 (640x428)
DSC_2149 (640x428)
右側の剥離完了。
DSC_2158 (640x428)
左同様に、顔を入れて目視出来るところは
すべて辞去OK。
DSC_2178 (640x428)
DSC_2177 (640x428)
DSC_2174 (640x428)
DSC_2169 (640x428)
DSC_2168 (640x428)
DSC_2163 (640x428)
こうした1個1個の作業、すごく地味で手間かかりますが、
こんな感じにて作業している、
KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア。
スポンサーサイト



カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2015/08/12 Wed. 22:25    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード