fc2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

フルレストアのKPGC10 ハコスカ GT-R、
剥離剤にて下回りの剥離作業後の状態。
DSC_8047 (800x536)
DSC_8046 (800x536)
ここからは、素地金属部の磨き工程で、
何処から作業始めようかと色々と考えたのだが、
結構形が入り組んでいて、かなり作業性悪そうだったので、
フロントフロアから作業する事んなり、ここから作業開始。
DSC_8052 (800x536)
地道にただひたすら根気よく、素地金属部を磨いて、
ここまで仕上げた後、
DSC_8075 (800x536)
車の傾斜角度を反対にして、さらに磨き上げて
ここまでの仕上げに。
DSC_8123 (800x536)
DSC_8106 (800x536)
DSC_8108 (800x536)
鈍く光る、金属地肌。
ここまで来ると作業していても、結構気持ち良いのだが、
実作業は根気あるのみ、、、。
DSC_8119 (800x536)
ここで一旦下地処理するために、マスキング後、
DSC_8142 (800x536)
スタンドックスのエッチングプライマーにて下処理後、
DSC_8131 (800x536)
車を再度傾斜角度変えて、
DSC_8140 (800x536)
再度下処理塗装。
DSC_8145 (800x536)
プライマー乾燥後に下地塗装で、サフェサー塗装で
この状態で塗装してから、
DSC_8150 (800x536)
DSC_8153 (800x536)
また傾斜角度を変えて、下塗り塗装。

DSC_8157 (800x536)
DSC_8160 (800x536)
DSC_8166 (800x536)
これで、フロントフロア部の作業完了~。
DSC_8178 (800x536)
続いて、リヤフロア部を作業予定の
フルレストアのKPGC10 ハコスカ GT-Rでした。



カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2015/11/14 Sat. 21:24    TB: --    CM: --

GZ10 初代ソアラ 

先日購入した、GZ10 初代ソアラ。
DSC_9515 (800x536)
何が出てくるのかと、ハラハラドキドキしながら、
各部チェックした診断結果(笑)

まず、フロント周りからで左ヘッドランプは、
右方向に若干持ち上がっている。

どうも、過去の修理跡の様。
DSC_9655 (800x536)
バンパーとサイドモールのメッキが、
一部劣化により、白くなっている。
DSC_9641 (800x536)
DSC_9640 (800x536)
DSC_9798 (800x536)
DSC_9795 (800x536)
ボンネットは、裏面も含めサビもなく良好。
DSC_9703 (800x536)
グリルも左右とも、良好。
DSC_9658 (800x536)
右側フェンダーミラーに、塗装浮きあり。
DSC_9638 (800x536)
ドアガラス周りのモールも左右とも、良好。
DSC_9646 (800x536)
ただし、
ドア本体は、右側下部の裏面にサビあり。

後部、テールランプ周りも特に問題なし。
DSC_9702 (800x536)
クォーターウインド周りのモールも左右とも良好。
DSC_9686 (800x536)
当時のキヤッスルオイルシールあり(笑)
DSC_9662 (800x536)
フロントリヤともに、ウインドガラス周り、
モールも綺麗でサビはなし。
DSC_9665 (800x536)
トランクも表裏面ともにサビなし。
DSC_9697 (800x536)
ただ、開口部のウエザーストリップ取り付け部に
3箇所腐食による穴あきあり。
DSC_9691 (800x536)
DSC_9690 (800x536)
DSC_9699 (800x536)
ステップは両方とも、前から後ろまで、サビなし。
DSC_9720 (800x536)
DSC_9721 (800x536)
リヤフェンダー下部も左右ともサビなし。
DSC_9718 (800x536)
DSC_9712 (800x536)
トランク内部フロアは、雨漏れしていのだが、特にサビなし。
DSC_9694 (800x536)
DSC_9693 (800x536)
DSC_9692 (800x536)
左右フロアサイドのインナーパネルも、サビはなし。
DSC_9741 (800x536)
DSC_9746 (800x536)
ただし、リヤバンパー裏側のパネルにサビあり。

どうも、ロアエプロンパネルに腐食ありそう。
DSC_9750 (800x536)
下回りも特にサビも含め、事故跡もなく問題なし。
DSC_9734 (800x536)
ステップインナーパネルも潰れてなくて、綺麗な状態。
DSC_9725 (800x536)
DSC_9726 (800x536)
次に、室内の状態。

ドアトリムは、左右とも中央部が
擦れと紫外線による劣化あり。
DSC_9678 (800x536)
シートはヘタリもなく良好。
ただ、運転席側は、一部修理は必要。
DSC_9679 (800x536)
DSC_9682 (800x536)
ソアラ文字のシートベルトも良好。
DSC_9769 (800x536)
センターコンソールも良好。
DSC_9773 (800x536)
ただし、天井内張りは劣化による穴あき箇所あり。
DSC_9667 (800x536)
サンバイザーもダメ。
DSC_9791 (800x536)
ダッシュボードは一部浮きとヒビワレあり。
DSC_9666 (800x536)
ちなみに、写真写している時に、浮いている所触ったら、
かなりヒビ割れてしまったし、、、。
DSC_9675 (800x536)
オートエアコンの表示も問題なし。
DSC_9787 (800x536)
オートマも問題なし。
DSC_9790 (800x536)
デジタルメーターも問題なし。
DSC_9775 (800x536)
ちなみに、オートクルーズとスピードアラーム付きだった。
DSC_9783 (800x536)
リヤスピーカーボードは紫外線による劣化でダメ。
DSC_9793 (800x536)
エンジンは普通に掛かり、白煙もなく良好。
DSC_9670 (800x536)
ただし、オイル漏れあるので整備は必要。
DSC_9763 (800x536)
タイヤは4本とも、まったくダメ。
DSC_9633 (800x536)
こんな感じだった、GZ10 ソアラ君。

友達の営業マンの査定評価は、3.5点(笑) (笑) (笑)

当然、新品部品などほとんどない状態なので、
どうなるのかと、少々不安なのですが、
まずは、仕事の合間見て全バラにします。

カテゴリ: 愛犬

[edit]

Posted on 2015/11/16 Mon. 21:51    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア、
続いてリヤフロアの研磨作業、
DSC_7883 (800x536)
DSC_7890 (800x536)
研磨作業していて、狭い作業での作業性が
かなり悪かったので、交換予定の
リヤエプロンパネルを
DSC_8187 (800x536)
カットして撤去。
DSC_8198 (800x536)
意外と錆びていなかったのたが、フロア修理するうえで
どの道交換する必要があったパネル。
DSC_8197 (800x536)
これでかなり作業性良くなり、さらに作業していき、
DSC_8211 (800x536)
ここまで鏡面仕上げに。
DSC_8314 (800x536)
DSC_8288 (800x536)
DSC_8241 (800x536)
DSC_8302 (800x536)
DSC_8295 (800x536)
DSC_8309 (800x536)
研磨仕上げ後、マスキングして、
DSC_8334 (800x536)
お決まりのエッチングプライマーを塗装。
DSC_8339 (800x536)
傾斜角度変えて、再度エッチングプライマ-を塗装してから
DSC_8348 (800x536)
下地の塗装。
DSC_8354 (800x536)
さらに、反対側からも下地塗装をして
DSC_8358 (800x536)
フロア関連の作業完了~。
DSC_8373 (800x536)
次からは、ボディ本体の剥離作業だょ~ん。


カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2015/11/19 Thu. 21:15    TB: --    CM: --

ローバー ミニ 

ミニ専門店、キングスロード福井さん修理依頼分、
ローバーミニ。
DSC_0038 (800x536)
左フロントフェンダーとフロントエプロンに損傷あり。
DSC_0039 (800x536)
まず部品取り外し作業後に、
DSC_0052 (800x536)
両パネル共、板金にての修理。
DSC_0055 (800x536)
板金ハンマーがヤスリ目のため、細かなキズあるのと、
過去に修理されているようで、パテあり。
DSC_0061 (800x536)
しかし、最近では随分こうした修理作業減ったなぁ~。

この業界に入りたての頃なんか、毎日ハンマー片手に
咥えタバコで、板金作業していたもんで、
今では、懐かしい思い出になってしまっているし、、。

ミニのフロント部は結構板金出来るので、
昔のこうした修理作業が生かされて来るもの。
DSC_0063 (800x536)
旧塗膜サンディング後、
DSC_0071 (800x536)
パテ工程の前に、素地金属に対して
プライマーを塗装してから、
DSC_0072 (800x536)
乾燥後に、この上から
DSC_0079 (800x536)
パテ工程~。
DSC_0080 (800x536)

DSC_0087 (800x536)
パテ研ぎ後に、下地のサフェサーを塗装して
DSC_0095 (800x536)
下地関連の作業完了。

ここから塗装なのだが、この車オリジナル色にて、
赤色にオールペイントされているようなので、
配合データーはない状態での調色。
DSC_0098 (800x536)
調色において、結構困る事多いケースではあるだが、
なんか色々とやっているうちに色合ったので、ラッキー(笑)。

サンディング後に、シーリングしてから、
車を塗装ブース内に移動してから、
DSC_0108 (800x536)
マスキング後して、
DSC_0109 (800x536)
ボンネットはボカシをいれるので、下処理後に、
DSC_0112 (800x536)
スタンドックスにて、上塗り塗装。
DSC_0118 - コピー (800x536)
DSC_0119 (800x536)
DSC_0127 (800x536)
DSC_0128 (800x536)
塗装後、部品組付けして
DSC_0158 (800x536)
ミニのフロントフェンダーとフロントエプロンの
修理塗装完成だょ~ん。

カテゴリ: ローバー ミニ ⑥

[edit]

Posted on 2015/11/24 Tue. 21:08    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

フルレストアのKPGC10 ハコスカ GT-R 、
一番最後にボディ本体表面の剥離作業。
DSC_8447 (800x536)
DSC_8449 (800x536)
まず、剥離剤が周りに付着しないように、マスキング作業から。
DSC_8712 (800x536)
一番最後に作業する水洗いにまで耐えれるように
色々と考えてのマスキング方法で作業して、
DSC_8710 (800x536)
DSC_8713 (800x536)
DSC_8714 (800x536)
DSC_8715 (800x536)
最終的には、この状態にて剥離作業。
DSC_8760 (800x536)
DSC_8756 (800x536)
ここからの作業は、ただひたすら剥離剤を塗るだけ。
DSC_8762 (800x536)
DSC_8767 (800x536)
DSC_8772 (800x536)
少しずつ反応して旧塗膜浮き上がってくるので、
反応時間間隔をあけて、再度剥離剤塗るべし、、。
DSC_8809 (800x536)
DSC_8785 (800x536)
DSC_8792 (800x536)
こうした作業繰り返して行うと、ここまで科学の力で
旧塗膜浮き上がり、
DSC_8809 (800x536)
DSC_8823 (800x536)
DSC_8815 (800x536)
DSC_8819 (800x536)
パテも一緒に科学反応してくれるのだが、
あれ?サビが出てきたし、、、。
DSC_8824 (800x536)
過去の修理跡の所なのだが、
何か起きそうな予感であり、
何か出て来そう。

この続きは、また次回への持ち越しで、
また今度、、、。


カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2015/11/27 Fri. 21:34    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード