ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

ゴルフ5 ヴァリアント 

右側面に損傷のゴルフ5 ヴァリアント
DSC_4479 (800x536) (2)
作業内容は、右フロントドア交換
DSC_4483 (800x536)
右リヤドア交換
DSC_4491 (800x536) (800x536)
右リヤフェンダー修理の内容。
DSC_4494 (800x536) (2)
ゴルフ5のドア構造は、アウターパネルと
ドア本体のインナーパネルと別々の部品構成で、
DSC_4520 (800x536) (800x536)
アウターパネルはドア本体に対して、
ボルト留めであり、その両端部固定箇所のブラケットを
接着剤にて貼り付けする必要性あり。
DSC_4523 (800x536) (800x536)
作業的には、新品リヤドアパネルを
車側に取り付けしてから、
DSC_4572 (800x536) (800x536)
フロントドアのインナー部を取り付けして、
DSC_4558 (800x536) (800x536)
仮にフロントドアアウターパネルを組んで見て
DSC_4574 (800x536) (800x536)
DSC_4588 (800x536) (2)
DSC_4590 (800x536) (800x536)
位置確認をしてから、接着剤にての貼り付け工程なのだが、
問題なのはこの接着剤、
DSC_4578 (800x536) (800x536)
固形化が酷くて、中身が固くて出でこない、、。

暖めるための専用ヒーターが存在するようなのだが、
そんな工具持っていないし、お湯の中にどぶつけして暖めたのだが、
DSC_4584 (800x536) (800x536)
それでも固くて出てこないし、、、。

ちなみに接着剤が上手く潰れてこないと、
接着剤の反発力にて面が合わなくなるので、
それはそれで問題なので、
最終的には、ジェットボイラーの熱風で、
トロトロ状態にて接着完了。
DSC_4576 (800x536) (800x536)
DSC_4582 (800x536) (800x536)
こうしたアウターパネルの交換作業、専用工具もあるのだが、
別に使わなくても、手順解ればなくても出来るよ。

一番の問題点、接着剤の事を注意すれば、、、。
スポンサーサイト

カテゴリ: ゴルフ5 ヴァリアント

[edit]

Posted on 2016/03/01 Tue. 21:07    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
フロント部を終えたので、次はフロアボックスの交換作業。
DSC_3136 (800x536)
まずは、右側からで、
過去にリフトアップ時に破損したと思われる凹みあり。
DSC_3138 (800x536)
スポット溶接を取り除いてから、
DSC_3143 (800x536)
パネルの取り外したのだが、
DSC_3147 (800x536)
予想に反して全然錆びていないし。
DSC_3155 (800x536)
フロアは全く問題なし。

それより驚いたのが、ステップ内部の様子について、
LEDライトで覗き込んで確認したら、
全然錆びなくて、至って良好な状態。
DSC_3153 (800x536)
反対側の左側も取り外ししたのだが、
DSC_3178 (800x536)
DSC_3181 (800x536)
DSC_3186 (800x536)
DSC_3189 (800x536)
こちらもフロアの状態は良好で、
DSC_3193 (800x536)
内部も確認したのだが、
DSC_3200 (800x536)
ステップは錆びていない。

これには正直驚きの一言。

47年も前の車なのだが、まだまだ使えるし、、。

これにて、ステップアウターパネルの交換作業はなくなりました。

ここのフロアボックスについては、ショップが作っている部品を購入したのだが、
DSC_4079 (800x536)
サフェサー塗装済み商品だったのだが、
DSC_4080 (800x536)
どこのメーカーの塗料なのか不明だったので、
まずは剥離作業から。
DSC_4222 (800x536)
この時期、寒いので剥離剤の反応非常に悪いのだが、
なんとか剥離完了~。
DSC_4240 (800x536)
DSC_4241 (800x536)
次はフロントピラー修理作業への
KPGC10 ハコスカGT-R~。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2016/03/03 Thu. 21:44    TB: --    CM: --

ローバー ミニ  

オールペイント作業のミニ、リヤ部の次はフロアの腐り修理。
DSC_4112 (800x536)
まずは変形してますフロアの修整からで、
こうした所、どうもリフトアップが原因のようで、左右とも変形あり。
DSC_4115 (800x536)
サイレンサーパットが邪魔なので、
取り除きながらフロアの修理で、
DSC_4118 (800x536)
フロア変形修理完了~。
DSC_4121 (800x536)
次に、大穴部の修理からで、
DSC_4205 (800x536)
DSC_4114 (800x536)
DSC_4149 (800x536)
とりあえずステップのアウターパネルを
DSC_4155 (800x536)
DSC_4154 (800x536)
取り外ししたら、こんな感じのフロアの状態。
DSC_4168 (800x536)
DSC_4169 (800x536)
DSC_4170 (800x536)
DSC_4171 (800x536)
取り外ししたパネルもサックサック状態、、、。
DSC_4167 (800x536)
あと、アクセルペダル下部も腐食箇所にも腐食箇所あり、、。
DSC_4176 (800x536)
DSC_4153 (800x536)
シーリング材の下で腐食してます、、、。
DSC_4187 (800x536)
まずは、ここの箇所からで、
DSC_4205 (800x536)
腐りある所をカットして
DSC_4213 (800x536)
DSC_4215 (800x536)
ポィ、、、。
DSC_4209 (800x536)
新たにボンデ鋼板にて製作するのだが、
ミニのフロア、各足元パネルの隅に2箇所づつ
凸形状のもっこりラインがあるので、
DSC_4219 (800x536)
2箇所凸もっこりを作ってのパネル製作で
DSC_4190 (800x536)
MIG溶接とスポット溶接にてパネル交換。
DSC_4230 (800x536)
仕上げに凸部を削り落として
DSC_4231 (800x536)
とりあえず、右側フロアの大穴修理まで完了だょ~ん。
DSC_4239 (800x536)

カテゴリ: ローバー ミニ レストア

[edit]

Posted on 2016/03/06 Sun. 20:09    TB: --    CM: --

ゴルフ5 ヴァリアント 

フロントドアアウターパネルの交換の次は、
リヤフェンダー凹み修理。
DSC_4618 (800x536)
凹み部を板金してから、
DSC_4627 (800x536)
パテの前処理として、素地金属に対して
プライマーを塗装してから、
DSC_4634 (800x536)
パテにて面だし工程後に、
DSC_4675 (800x536)
サフェサー塗装。
DSC_4678 (800x536)
同時に、下地処理として新品パネルににも、サフェサーを塗装。
DSC_4684 (800x536)
DSC_4688 (800x536)
各部サンディング後に、マスキングしてから、
スタンドックスにて上塗り塗装~。
DSC_4753 (800x536)
DSC_4756 (800x536)
DSC_4771 (800x536)
DSC_4765 (800x536)
DSC_4776 (800x536)
塗装乾燥後に、ここからは部品組み付けなのだが、
右フロントドアを取り外しした時に、ドアとピラー間の
蛇腹の配管の固定ツメが折れたので、
ブーツ交換しようと現物見たら、どう見ても
カップラーが邪魔してしまい、配線が抜けてこないし、、。
DSC_4800 (800x536)
どの様に固定ツメが引っかかっているのかと、
見て確認していた所、1本配線抜けて来て
その調子にて10本あまりの端子を抜いてから、
DSC_4808 (800x536)
ブーツ交換作業交換完了。
DSC_4809 (800x536)
その後は、順調にドア組み換え作業を終えて、
DSC_4812 (800x536)
ゴルフ5 ヴァリアント完成~。
DSC_4842 (800x536)

カテゴリ: ゴルフ5 ヴァリアント

[edit]

Posted on 2016/03/09 Wed. 21:39    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業、
フロアボックスの取り外し後に、フロントピラーの腐食部分をカットして
DSC_3738 (800x536)
DSC_3731 (800x536)
ここのスペースからステップ内部を覗き込んで確認したら、
DSC_3740 (800x536)
泥が蓄積していたので、
DSC_3750 (800x536)
泥汚れを綺麗に掃除して、各パネルを見たのだが、
DSC_3758 (800x536)
予想に反して状態凄く良かった。
新車から43年経ったステップの内部には、驚きの一言。
上側パネルも特に問題なしで、
DSC_3765 (800x536)
ステップのアウターパネルにおいては、部品交換はなしで決定。

フロントピラーにおいては、カットした後に
同じ厚みの1.6ミリの鋼板を使い
新たに製作したものを
DSC_3774 (800x536)
裏面には防錆プライマーを塗装して
DSC_3784 (800x536)
車側はサビを綺麗に取り除いてから
DSC_3777 (800x536)
溶接時のスポットシーラーを塗って
DSC_3791 (800x536)
MIG溶接にて取り付け完了~。
DSC_3802 (800x536)
続いて部品単体で購入したフロアボックス、
何故か底面にあたる所が、斜めラインが1本なかったので、
新たに作って
DSC_4346 (800x536)
商品全体が大きかったので、形を修整してから
DSC_4348 (800x536)
フロアに、防錆プライマーとスポットシーラーを塗ってから
DSC_4369 (800x536)
同じようにフロアボックス裏面にも塗装して
DSC_4367 (800x536)
MIG溶接とスポット溶接にて
DSC_4406 (800x536)
取付けしてから、
DSC_4419 (800x536)
仕上げにエッチングプライマーを塗装後、
DSC_4427 (800x536)
下地のサフェサー塗装して、
DSC_4434 (800x536)
右側フロントピラー関連のサビ修理完了~。
DSC_4445 (800x536)
次は左側の修理工程だょ~ん。。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2016/03/11 Fri. 21:23    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード