fc2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

R32 スカイラインGT-R 

R32 スカイラインGT-R、
DSC_0328 (800x536)
20年程前だったら、いつも工場に1台は入庫していて、
色々と修理していたのを思い出す車種で、
久しぶりに入庫したのだが、やっぱこの頃の車はいいね。

修理依頼は、右フロントフェンダー交換。
アルミ製なので、基本的には修理不可。
DSC_0332 (800x536)
でも、元年に車発売された頃は、
確か3万円程度だったはすなのだが、
今では純正新品部品代、10万円には少々驚き。
DSC_0420 (800x536)
昔懐かしい記憶を思い出しながら、部品取り外しして、
DSC_0398 (800x536)
新品フェンダーを取り付け。
DSC_0426 (800x536)
実は新品部品、少々不安だったのだが、
なんの不具合も無く取り付け出来きてラッキィ-。

古くても、まだプレスは大丈夫。

この頃のGT-Rは、アルミと鉄との電極の差による
サビ防止のため、プラスチック製のシムが取り付けされており、
DSC_0401 (800x536)
表面と裏面との挟み込みで固定されているのだが、
DSC_0402 (800x536)
再利用不可部品で、フェンダー交換時は
全部新品部品に同時交換部品扱い。

塗装工程は、新品フェンダーに
下地となるスタンドックス製イージーフィラーを塗装してから、
DSC_0859 (800x536)
ボンネット内部の内板骨格色を
半艶消し状態での仕上げにて塗装して
DSC_0564 (800x536)
DSC_0555 (800x536)
車を塗装ブース内に移動して
DSC_0848 (800x536)
マスキング後に、
DSC_0851 (800x536)
スタンドックスにて上塗り塗装~。
DSC_0871 (800x536)
DSC_0861 (800x536)
DSC_0867 (800x536)
ボンネットとドアはボカシのため一緒に塗装。
DSC_0873 (800x536)
DSC_0875 (800x536)
DSC_0878 (800x536)
DSC_0883 (800x536)
塗装乾燥後に、これら全部のシムを
DSC_0906 (800x536)
部品図片手に、組み合わせして
DSC_0911 (800x536)
DSC_0921 (800x536)
フェンダーを車側に取り付けしてから、
DSC_0937 (800x536)
各パーツを組み付けして、完成~。
DSC_0939 (800x536)
こうした32GT-R、昔の修理したノウハウ
まだしかっりと記憶してますので、
各修理依頼、お待ちしておりますよ~ん。。。

カテゴリ: R32 スカイラインGT-R

[edit]

Posted on 2016/06/14 Tue. 21:41    TB: --    CM: --

1973y ナローポルシェ911T タルガ 

1973y ナローポルシェ911T
タルガトップを取り外ししてから、
DSC_9946 (800x536)
地道にカーペット剥がしをしたら、
DSC_9943 (800x536)
アスファルト系のサイレンサーパットが見え、
DSC_0123 (800x536)
それもそっと剥がしたら、
DSC_0124 (800x536)
リヤフロアの状態はこんな感じ。
DSC_0135 (800x536)
結構サビあり状態、、。
DSC_0137 (800x536)
DSC_0142 (800x536)
DSC_0149 (800x536)
DSC_0151 (800x536)
フロント側フロアは、こんな感じ。
最終的には、サイレンサーパットを
剥がさなければ、確認出来ないのだが。
DSC_0206 (800x536)
DSC_0199 (800x536)
DSC_0201 (800x536)
ただ、シートベルト固定ナットが左右ボディ側に溶接あり。
DSC_0236 (800x536)
ナローはシートにシートベルト固定ブラケットが、
取り付けされるので、ボディ側には固定ナット等は何も無い。
DSC_0239 (800x536)
作業性を考えてガラス類を取り外しにあたり、
ルーフパネルの取り外しから。
DSC_0289 (800x536)
DSC_0303 (800x536)
次にガラスの取り外しで、フロントガラス外ししてから、
DSC_0352 (800x536)
リヤウインドガラスの取り外し作業。
DSC_0360 (800x536)
DSC_0431 (800x536)
DSC_0432 (800x536)
これで丸見え状態で確認なのだが、
なんか車が俺を呼んでそう~(笑)
DSC_0440 (800x536)
こんな感じで、フロアの確認まで終了~。

カテゴリ: 1973y ナローポルシェ911T タルガ

[edit]

Posted on 2016/06/16 Thu. 21:08    TB: --    CM: --

1973y ナローポルシェ911T タルガ  

室内部品取り外し作業の
1973y ナローポルシェ911T タルガ
DSC_0468 (800x536)
次の作業は、ダッシュ関連の部品外しからで
DSC_0405 (800x536)
DSC_0408 (800x536)
まず最初にハンドル取り外しして、
DSC_0437 (800x536)
5連メーターを取り外して
DSC_0464 (800x536)
ダッシュボードの取り外し作業。
DSC_0532 (800x536)
ただ単に部品バラシするなら早いけど、
何事も作業手順があり、
各部品を確認しながらの部品外し作業、
手間だけど何故か楽しい作業の1つ。
DSC_0520 (800x536)
車側のパネルはサビもなく問題はなし。
DSC_0526 (800x536)
次に、クーラー吹き出し口ユニット取り外しして、
DSC_0532 (800x536)
DSC_0543 (800x536)
ダッシュロアパネル取り外し後に、
DSC_0572 (800x536)
当時物のカセットデッキではないのだが、
アルパイン製の年代物を取り外しと、
DSC_0535 (800x536)
DSC_0551 (800x536)
グローブボックス関連取り外しした所で、
DSC_0589 (800x536)
DSC_0585 (800x536)
DSC_0588 (800x536)
ふと、ペダルがある所のフロアの状態が知りたくて、
急遽ペダル類の部品取り外しのため、
まず、フロア裏面のアンダーカバーを取り外しから。
DSC_0592 (800x536)
予想では、たぶんサビていると思っていたのだが、
予想に反して何もサビていなかったフロア。
DSC_0598 (800x536)
各ペダルも取り外ししたところ、
サビはあるのはあるのだが、
ブレーキマスターシリンダーからのオイル漏れが
原因でのサビが進行して、腐食してしまっている車が
多いのだが、この状態は良好だった。
DSC_0605 (800x536)
取り外ししたペダル関連、
DSC_0608 (800x536)
サビあるので、各部ブッシュ関連の部品交換も兼ねて
全バラして、O/Hと塗装へ。
DSC_0614 (800x536)
こんな感じで室内部品、まだまだ取り外し中の
ナローポルシェ911T タルガでした。

カテゴリ: 1973y ナローポルシェ911T タルガ

[edit]

Posted on 2016/06/19 Sun. 20:37    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
ステップ周りの防錆処理後、
まずドアロック部のパネルを溶接にて取り付け。
DSC_8899 (800x536)
DSC_8910 (800x536)
次にセンターピラー下部のパネルも
溶接にて取り付けして、
DSC_8913 (800x536)
DSC_8924 (800x536)
ステップインナーパネルの取り付けで、
2分割にて製作されたパネルを取り付けなのだが、
DSC_8942 (800x536)
まず、内板部を防錆処理してから、
DSC_8962 (800x536)
最初に取り付けするパネル裏面を
防錆プライマーにて塗装後に、
DSC_8960 (800x536)
左側のパネルから溶接にて取り付け。
DSC_8947 (800x536)
DSC_8965 (800x536)
DSC_8981 (800x536)
次に右側パネルの取り付けで
DSC_8982 (800x536)
左同様裏面に防錆プライマー塗装後に
DSC_8993 (800x536)
溶接にて取り付け作業。
DSC_8991 (800x536)
DSC_9008 (800x536)
これで、リヤフェンダー下側のアウターパネルを
取り付けするだけまで、作業完了のハコスカGT-Rでした。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2016/06/22 Wed. 21:22    TB: --    CM: --

ローバー ミニ レストア作業 

キングスロード福井さん外注依頼作業で
ボディをレストアしたローバーミニ、
追加作業依頼で工場に入庫。
DSC_1498 (800x536)
DSC_1433 (800x536)
1ヶ月前に工場から納車させて頂いたときは、
エンジンも何もないドンガラ状態で
手押し車だったのだが、
綺麗な状態に完成されて再入庫。

完成時のエンジンルーム内、
DSC_1447 (800x536)
室内、
DSC_1568 (800x536)
赤色のカーペット
DSC_1571 (800x536)
天井内張りはグリーン色で、
DSC_1442 (800x536)
共にオーダー品で、さらに
さらりと、クーラーからエアコンに変わっているし、、。
DSC_1451 (800x536)
かなり快適になっている室内。

それに反してトランクルーム内は
普通の荷物入れだった(笑)
DSC_1452 (800x536)
今回の作業は、マフラー車熱板裏部に、軽いサビ修理。

リフトで車を上げて、確認したら
DSC_1418 (800x536)
フロアに何箇所か、固定ナット部にサビあり。
DSC_1413 (800x536)
DSC_1415 (800x536)
サビを綺麗に取り除いてから、
ジンクプライマーにて防錆塗装してから、
DSC_1426 (800x536)
DSC_1427 (800x536)
チッピングコートを塗装。
DSC_1460 (800x536)
DSC_1461 (800x536)
続いてドアミラーの塗装。
DSC_1494 (800x536)
ミニの場合、どうも経年劣化にて、
内部の接着が剥がれてしまい、遊びが生じる事で、
カラカラ音が発生するようで、
純正色塗装済みのドアミラー購入したのだが、
色が少々白くてボディと合っていない為、再塗装依頼。
下処理してから、マスキングしてスタンドに固定後に、
DSC_1500 (800x536)
DSC_1501 (800x536)
スタンドックスにて塗装~。
DSC_1504 (800x536)
DSC_1508 (800x536)
DSC_1505 (800x536)
あと、ドア調整とヘッドライト調整をして
再度納車だったのだが、
DSC_1562 (800x536)
まず見ることがない、車の完成時の様子を見れた事に
別の楽しみを与えてくれた、1台でした。

最後に、今回の作業依頼、どうもありがとうございました。

カテゴリ: ローバー ミニ レストア

[edit]

Posted on 2016/06/25 Sat. 20:51    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード