FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

1976y  ポルシェ911 ターボ 

1976y  ポルシェ911 ターボ、
純正リヤウイングの塗装依頼分。
DSC_2192 (800x536)
初期型のターボウイング、
DSC_2200 (800x536)
DSC_2205 (800x536)
純正パーツで、良くあった物だと思う。
DSC_2220 (800x536)
DSC_2222 (800x536)
リヤワイパーとかの付属品も一式あり、
探していた方には、すべてがお宝物。
DSC_2226 (800x536)
ただ、このまま塗装して使えるのではなくて、
修理作業の必要性ありの状態で、
DSC_2227 (800x536)
DSC_2229 (800x536)
DSC_2230 (800x536)
まずは付属部品の全バラ作業から。
DSC_2251 (800x536)
こうした部品、壊してしまったら大変なので、
とにかく慎重にボルトを回し分解作業。
DSC_2259 (800x536)
DSC_2250 (800x536)
DSC_2248 (800x536)
分解して知ったのだが、
裏側のフタのパネルはアルミ製。
DSC_2244 (800x536)
修理においては、ウイング本体裏側の枠部分に、
塗膜剥がれが生じていた箇所を、スクレパーで
削り落ちないかと試みたのだが、
思うようには綺麗には、取れそうになかったので、
DSC_2297 (800x536)
DSC_2348 (800x536)
サンディングして取り除く事に。
DSC_2351 (800x536)
研磨して知ったのだか、フレーム部分に付いては、
普通の930のウイングのパネルに対して、
DSC_2358 (800x536)
FRP製のウイング本体を接着にて組み合わせて
作ってある構造で、
DSC_2353 (800x536)
当時のパネルボンドらしき物が、あるのが解る。
DSC_2359 (800x536)
あと、研磨していて解ったのだが、
フードロックブレースの所に、ポルシェパーツ番号の打刻発見で、
まず、見ることないと思われる箇所。
DSC_2366 (536x800)
こんな感じて、修理中の初期型のターボウイングでした。



スポンサーサイト



カテゴリ: 1976y ポルシェ911 ターボ

[edit]

Posted on 2016/07/29 Fri. 21:41    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード