FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

トヨタ ハイエース 

たまに聞かれるのですが、普通の車って修理してくれますか?って。

答えは予算が合えば、喜んで修理引受けさせて頂きますよ。

今回は、左角を縁石に接触した、
200系ハイエース。
DSC_4312 (800x536)
フロントピラー周辺に入力あり、
DSC_4322 (800x536)
ドアは左角が変形して、上部は浮いてしまっている状態。
DSC_4326 (800x536)
DSC_4327 (800x536)
こうした状態は、フロントピラーが押されて内側に入力あり。

フロントバンパー取り外して確認したら、
やはり、フロントピラーが押し潰れているし、、、。
DSC_4337 (800x536)
ドアに入っていくハーネスも引き千切れている。
DSC_4336 (800x536)
修理としては、引き作業をしなくていけないので、
グローバルジグに固定することが必要で、
DSC_4452 (800x536)
グローバル専用チャートを見ながら、
DSC_4467 (800x536)
4点足回り部に、ジグの取り付け固定。
DSC_4456 (800x536)
フロントは、エンジンメンバー取り付けボルトで、
DSC_4457 (800x536)
リヤは、リーフスプリング固定ボルトにジグの取り付け。
DSC_4460 (800x536)
昔はなかったのだが、ロングのブッシュナットのおかげで、
サスペンションを分解せずに固定出来て、大変助かる。
DSC_4462 (800x536)
これで、360度自由に引き作業出来る状態になり、
フロントピラーの引き作業から。
DSC_4482 (800x536)
修理手順としては、破損しているドアを使って、
元の形へ修整後に、修理の基準となるのは、新品のドアパネル。
DSC_4440 (800x536)
こうしたハイエース用のボディチャートもあるのだが、
DSC_4553 (800x536)
寸法がどうこうではなくて、
この新品ドアパネルの取り付け位置がすべてなので、
ドアを基準としての修整方法で、
最終的には、下側のアウターパネルを切開して、
ドアロアヒンジ取り付け面の修整して、
DSC_4487 (800x536)
ドアパネルの位置出し修整作業完了の
DSC_4502 (800x536)
働く自動車、ハイエースでした。

スポンサーサイト



カテゴリ: トヨタ ハイエース

[edit]

Posted on 2016/09/08 Thu. 21:17    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード