FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

1973y ナローポルシェ911 タルガ フロア修理 

下地塗装を終えた、ナローポルシェ911 タルガ
DSC_3114 (800x536)
どうしても、サビがあった箇所の細かな凹凸面が気になり、
DSC_3193 (800x536)
DSC_3191 (800x536)
パテで面調整する事に。
DSC_3303 (800x536)
この作業しているフロア修理箇所は、カーペット類で
全く見えなくなってしまう所で、パテする必要性はないのだが、
仕上がった時に塗装面つるっとしていないと
個人的に嫌だったので、見える見えない関係なく
作業する事に。

パネル形状に沿って薄く付けるパテ付け作業、
冬場たったらどおって事ないのだが、
真夏の高温時の作業、パテ付ける傍らから乾いてしまい
パテ付け技術がどうこうでなくて、
これからは、40℃対応のパテが必要な時代になった
真夏の気温だわ。

当然、パテ研ぎも大変だけど、、。(笑)
DSC_3530 (800x536)
パテ作業した後は、再度塗装ブース内に車移動して、
DSC_3554 (800x536)
マスキングしてから、
DSC_3557 (800x536)
DSC_3563 (800x536)
再度サフェサー塗装。
DSC_3574 (800x536)
DSC_3575 (800x536)
これで、サビがあった凹凸面の修整完了~。
DSC_3589 (800x536)
DSC_3597 (800x536)
これで下地工程終わったと思ったのだが、
何気にダッシュパネル上側の面に流してある
シーリング材を触ったら、偉く柔らかな材料と思い、
DSC_4720 (800x536)
シーリング材取って見たら、
DSC_4726 (800x536)
スポンジ系のような材質で、ボディと全く密着していなくて、
下の鋼板は薄っすらとサビているし、、、。
DSC_4722 (800x536)
新車製造時に、どうも上面だけ使用しているシーリング材が、
違う材料を使用しており、この材料に問題ありの状態なので、
ナローのフロア、こんな状態の車が多いかも。
DSC_4730 (800x536)
対策としては、上面のシーリング材を全て辞去してから、
DSC_4733 (800x536)
DSC_4731 (800x536)
DSC_4737 (800x536)
素地鋼板を綺麗に磨き上げて、
DSC_4740 (800x536)
DSC_4745 (800x536)
またまた、塗装ブースに車を入れてマスキング作業。
DSC_4751 (800x536)
何回も、同じ作業していると早くなってきますわ。(笑)
DSC_4755 (800x536)
下地塗装においては、基本作業の繰り返しで、
素地鋼板に、エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_4762 (800x536)
仕上げにサフェサーを塗装して、
DSC_4772 (800x536)
DSC_4777 (800x536)
全ての下地工程を完了した
ナローポルシェ911 タルガ でした、、、、。
スポンサーサイト



カテゴリ: 1973y ナローポルシェ911T タルガ

[edit]

Posted on 2016/09/13 Tue. 21:48    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード