FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

1973y ナローポルシェ911 タルガ フロア修理 

下地関連の塗装を終えたら、次は、ボディシーリング作業、
DSC_4840 (800x536)
地味で簡単そうだど、結構技術を要して手間隙掛かる作業。
DSC_4869 (800x536)
DSC_4861 (800x536)
DSC_4847 (800x536)
これで塗装前の下仕事は終わりで、
車を塗装ブース内に移動して
DSC_4910 (800x536)
上塗り塗装前のマスキング作業、
DSC_4914 (800x536)
塗装時に隅々からゴミが出ないように
細かな穴まで全部マスキング作業してから、
DSC_4916 (800x536)
DSC_4924 (800x536)
スタンドックスにて塗装。
DSC_4944 (800x536)
DSC_4946 (800x536)
最後に部品組み付けしてしまうと、
何も見えなくなってしまう室内塗装なのだが、
どうせ塗装するならと、ボディ表面の塗装と同じ工程で
スタンドックス クリスタルクリヤーを塗装して、
ツルツル肌仕上げに塗装。
DSC_4948 (800x536)
DSC_4950 (800x536)
新車時の室内塗装だと、下塗り塗装に対して
薄っすらとボディ色が塗装されている状態で、
割とガサガサ肌状態で適当なのだが、
ほんと自己満足の仕上げ。
DSC_4985 (800x536)
ボディ色を塗装したら、次に艶消しブラックの塗装。
DSC_5063 (800x536)
DSC_5057 (800x536)
ここの塗装においては、新車時と同じ所を塗装で、
塗装する目的はカーペット等の隙間から、
ボディ色が見えなくするためで、
手間でも必ず塗装しなくてはいけない所。
DSC_4996 (800x536)
DSC_5012 (800x536)
ここも、カバーの隙間から、
ボディ色見えないように塗装。
DSC_5046 (800x536)
DSC_5045 (800x536)
ただ、ナローポルシェの場合だと、
ダッシュボードや計器類が付く所が
鋼板でボディ一体化での構造なので、
DSC_5048 (800x536)
ここは、艶消しブラック色が丸見えの状態。
DSC_5068 (800x536)
リヤシートブラケットも塗装。
リヤシートの間から、丸見えだょ。
DSC_5051 (800x536)
最後にマスキング剥がして塗装ブースから出して
DSC_5095 (800x536)
室内塗装、すべての工程完了~。
DSC_5093 (800x536)
DSC_5091 (800x536)
DSC_5076 (800x536)
色が入ると、かなり作業進んだ雰囲気になる
ナローポルシェ911 タルガ フロア修理塗装でした。
スポンサーサイト



カテゴリ: 1973y ナローポルシェ911T タルガ

[edit]

Posted on 2016/09/24 Sat. 20:17    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード