FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

デミオ DJ5 エアロパーツ取り付け塗装 

エアロパーツ取り付け塗装のデミオ、
塗装においては、ボディ色のパールと艶消し黒色の2色塗り。
DSC_3810 (800x536)
どちらの色から塗り始めるか、塗装する色にもよるけど、
一般的には、小面積の色からの塗装で、
今回だと艶消し黒色からの塗装から。

手間だけど、他の面に塗装ミストが飛ぶことによりザラツキ防止と
塗装際がチヂレが起きないように、塗り分けマスキングをして
DSC_3813 (800x536)
1色目の艶消し黒色の塗装から。
DSC_3822 (800x536)
DSC_3825 (800x536)
DSC_3827 (800x536)
今回だと、塗装する色分けが艶消し塗装なので、
ここでいったん、この艶消し黒色を良く乾燥させてから、
塗り分けする所をラインテープにてマスキング。
DSC_3902 (800x536)
黄色いテープが、色分けに使用するラインテープであり、
普通のマスキングテープとは違い、
色の境え目ラインか綺麗に仕上がる専用のマスキングテープ。
DSC_3911 (800x536)
ラインテープでふち取りしたあと、通常のマスキングテープにて貼り、
DSC_3920 (800x536)
艶消し黒色部を、マスキング紙にてマスキング。
DSC_3923 (800x536)
その後塗装ブース内で、塗装スタンドに固定して
DSC_3926 (800x536)
ボディ色の3コートパールを塗装~。
DSC_3932 (800x536)
DSC_3935 (800x536)
DSC_3946 (800x536)
温風にて強制乾燥させてから、いったん塗装ブースから
エアロバンパーを取り出して、
DSC_3949 (800x536)
大人2人がかりで、マスキングしてあった紙とテープ剥がし作業、
これだけの面積になると、マスキング貼るのも大変だけど、
剥がすのも大変な作業のもと、出来上がった2色塗り。
DSC_3956 (800x536)
DSC_3955 (800x536)
部品組み付けは、仮合わせ作業をしているので、
特に問題なく作業出来たのだが、
フォグランプをM/C前の部品を取り付けするにあたり、
DSC_4042 (800x536)
DSC_4049 (800x536)
全然カプラー合わないし、、、。
DSC_4060 (800x536)
色々と調べたら、このM/C後のモデルは純正フォグはLEDなので、
全く違って当たり前だとの事、、、。

あと、消費電力も全然違うので、
新たに専用回路作らないとダメだとの説明で
電気のプロの方に、作業をお願いして配線を製作。
DSC_4107 (800x536)
DSC_4117 (800x536)
最近の車は下手に何でも取り付けるとトラブルの元なので、
訳のわからない事は、作業しない事に徹します。(笑)
DSC_4113 - コピー (800x536)
こんな感じで、完成したデミオ、
DSC_4120 (800x536)
DSC_4134 (800x536)
先週末納車完了~。

今回の作業依頼どうもありがとうございました。

カテゴリ: マツダ デミオ DJ5

[edit]

Posted on 2017/03/14 Tue. 21:00    TB: --    CM: --

チャコとハナ 

毎朝一緒に工場に来ているチャコとハナ。

何故か毎日ワンワンと吠えながら事務所に入って
毛布を頭から被せると、ひたすら寝ている2匹。
IMG_0253.jpg
IMG_0265.jpg
当たり前のようにして寝ているのだが、
このソフアーベットはお昼寝用に購入したのだが、
ここでお昼寝したのは、2.3回程度で、
チャコとハナのベットで占領されているし。(笑)

もうチャコはこんな生活を実に14年しているのだが、
最近では目が白くなり、後ろ足に力が入らなくて
今までだと簡単に登れた段差も最近ではダメなようで、
おばあちゃん状態になってしましったし、、。
IMG_0270.jpg
IMG_0273.jpg
ハナは12年経つのだが、やらかす事を見ていても
いつまで経っても、しぐさは子犬のまま。
IMG_0260.jpg
朝一緒に車に乗っている時も、運転席に来て
ひざの上に乗って、ハンドルを持つ右手にあごを乗せて
外の様子を毎日見ているハナ。
IMG_0281.jpg
何しても、とにかく一番態度でかいし、、、。(笑)
IMG_0275.jpg
最近、健康状態を維持するのに、
病院通いが欠かせなくなって来ているのだが、
いつまでも健康に生きて欲しい愛犬チャコとハナ。

2匹とも自分にとって、良き家族です。

カテゴリ: 愛犬

[edit]

Posted on 2017/03/16 Thu. 21:04    TB: --    CM: --

トヨタ ハリアー ZSU60W 

右フロント部損傷のトヨタ ハリアー ZSU60W
DSC_3958 (800x536)
フロントバンパーと右ヘッドランプが後方に押し込まれており、
DSC_3962 (800x536)
DSC_3965 (800x536)
ボンネットに凹みと
DSC_3966 (800x536)
右フロントフェンダーに変形あり。
DSC_3970 (800x536)
外注修理依頼分なのだが、事故による損傷箇所は
すべて新品部品に交換して下さいとの作業依頼。

はっきりしたことは解らないのだが、
どうも相手方が悪い事故で、お怒りになっているのだと思う、、、。

各パネル、修理出来る損傷だったのだが、
ボンネット、
DSC_4063 (800x536)
フロントフェンダーは新品部品交換へ。
DSC_4066 (800x536)
作業的には、まず新品パネルに下地塗装をしてから、
DSC_4070 (800x536)
DSC_4072 (800x536)
各部品の取り外して、内部を確認したら、
右ヘッドランプが割れてしまっており、
DSC_3994 (800x536)
バンパーサポートに損傷あり。
DSC_3998 (800x536)
DSC_4006 (800x536)
ボンネットが横方向に動いたことにより、
左フロントフェンダーに干渉キズあり。
DSC_3982 (800x536)
フロントフェンダーも取り外しして、各部の損傷確認したのだが、
それほど損傷は無くて、
DSC_4075 (800x536)
各ブラケット類を交換して
DSC_4068 (800x536)
新品パネル取り付けして位置確認したら、
DSC_4081 (800x536)
特に問題なかったので、次にヘッドランプを仮合わせして、
取り付け部の位置修正してから、
DSC_4086 (800x536)
最後に、フロントバンパーとフロントグリルを取り付けして
各部の位置関係を確認作業~。
DSC_4091 (800x536)
こうした作業、二度手間になるのだが、
各部品合うだろうとではなくて、
確認作業をしっかりとすることが重要。
DSC_4097 (800x536)
最後に、左フロントフェンダーの干渉キズ修理して
DSC_4098 (800x536)
修理作業完了~。

カテゴリ: トヨタ ハリアー ZSU60W

[edit]

Posted on 2017/03/19 Sun. 20:18    TB: --    CM: --

BMW Z4 マフラー修理 

マフラー修理で入庫のBMW Z4
DSC_4314 (800x536) (800x536)
修理箇所を聞いていたので、リフトで車を上げて、
DSC_4336 (800x536)
タイヤ取り外ししてリヤマフラーを確認したら、
DSC_4359 (800x536)
DSC_4323 (800x536)
リヤマフラーを吊っている丸いステー部に、クラックあるのと、
DSC_4325 (800x536)
タイコ部も溶接箇所が外れているのを確認。
DSC_4333 (800x536)
実走行3万キロちょっとのノーマルマフラーであるのだが、
あくまで推測なのだが、タイコ側の溶接不良により、
外れたことで、吊っているステーに負荷が掛かり
クラック入ったのと思われる。

作業的には、MIG溶接作業でガッツリと溶接~。
DSC_4342 (800x536)
DSC_4357 (800x536)
余談なのだが、サビによる穴開き腐食や、
腐食による溶接部のパイプ外れとかは、
サビにより鉄板が薄くなってしまっているので、
だましだまし溶接出来たとしても、マフラー振動にて
溶接箇所のキワからまた亀裂が入ってしまい、
取れてしまうので、基本的には修理不可と考えた方が良いと思う。

仕上げに溶接箇所をそのままでは、サビてしまうので、
簡易的ではあるのだがシルバーにタッチアップして
DSC_4368 (800x536)
リヤマフラー溶接修理完了~。


カテゴリ: BMW Z4

[edit]

Posted on 2017/03/21 Tue. 21:14    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
ボディ外板パネルの仕上げに続き、
DSC_3663 (800x536)
エンジンルーム内のパテ研ぎ工程。
DSC_3844 (800x536)
カットして溶接した所をパテにて面修整作業。

面積にしたら大した事ないのだが、
形状が入り組んでいるので、ちまちまと手作業にてのパテ研ぎ。
DSC_3847 (800x536)
DSC_3849 (800x536)
DSC_3838 (800x536)
DSC_3837 (800x536)
ラジエターコアサポートもパテ修整してから、
DSC_3840 (800x536)
詳細部を確認しながらエンジンルーム内をサンディング作業で、
配線を固定しているステーが、
DSC_3852 (800x536)
1箇所千切れかかっていたので、
DSC_3854 (800x536)
ステーを新たに製作して、
DSC_3864 (800x536)
交換~。
DSC_4017 (800x536)
DSC_4021 (800x536)
あと、気になった所をパテにて面修整しながら、
DSC_4022 (800x536)
DSC_3881 (800x536)
DSC_4024 (800x536)
DSC_3850 (800x536)
DSC_4025 (800x536)
もう一箇所ステーが破損していたので、
DSC_4137 (800x536)
ここも新たに製作して、
DSC_4142 (800x536)
溶接にて交換作業。
DSC_4146 (800x536)
これでエンジンルーム内の作業終わったので、
DSC_4153 (800x536)
車本体を塗装ブース内へ移動して
DSC_4170 (800x536)
マスキング作業後、
DSC_4175 (800x536)
DSC_4184 (800x536)
まずは、パテ研ぎにて素地金属が露出している所を
スタンドックス エッチングプライマーにて下処理塗装してから、
DSC_4188 (800x536)
スタンドックス イージーフィラーにて下地塗装。
DSC_4194 (800x536)
DSC_4203 (800x536)
DSC_4199 (800x536)
裏面も、しっかりと塗装。
DSC_4209 (800x536)
DSC_4215 (800x536)
DSC_4213 (800x536)
DSC_4210 (800x536)
乾燥後、塗装ブースから出して、
DSC_4244 (800x536)
エンジンルーム内の下地作業完成~。
DSC_4247 (800x536)
DSC_4246 (800x536)
次は、フロントタイヤハウス内部とフロントエプロン作業の
KPGC10 ハコスカGT-R、フルレストア作業で~す。
DSC_4248 (800x536)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2017/03/25 Sat. 21:00    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード