FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

積載車 

積載車にて先日納車後に、ボディ収納時
何気にフレームを見たら、腐って穴開いているし、、、。
DSC_8015 (800x536)
前々からフレームが錆びていたのは解っていたのだが、
まさか穴開くとは、、、、。

トラックのフレーム6ミリ厚あるので、早々には穴開くまいと
考えていたのが、まずかったよう。

早速、昨日工場に車を入れキャビン上げて、
DSC_8005 (800x536)
フレーム確認したら、錆びてボロボロ状態、、、。
DSC_8017 (800x536)
DSC_8024 (800x536)
DSC_8011 (800x536)
どうも、冬場の塩カリが原因のよう、、。

トホホ、、。

今まで、何も特にしなくて、使いぱなしだったし、、。

これ以上錆びないように応急処置しなくてはと思い、
浮いている錆び落とししたら、
DSC_8023 (800x536)
こんなにも落ちてきた錆び、、。
DSC_8028 (800x536)
自分でも嫌になって来たし、、。

そろさろ入れ替えを考えなくてはいけないのだが、
どうせ買うなら大きいの欲しいし。(笑)

今すぐどうこうは出来なく、修理するしかないので、
まずは防錆プライマーを塗装して、
DSC_8033 (800x536)
DSC_8038 (800x536)
今日シャーシブラックを塗装したのだが、
DSC_8051 (800x536)
DSC_8048 (800x536)
ドアの塗装にも問題あってクリヤー剥げあり、、。
DSC_8063 (800x536)
DSC_8065 (800x536)
7.8年前にトラック専門板金屋さんで塗装して頂いたのだが、
何でか原因不明なのだが、クリヤーが剥げてきて、
何か貧乏臭い仕様になっているし、、、。

次は仕事の合間見て、ここを修理しなくては、、、。

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2017/06/18 Sun. 20:20    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業 

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業、
スペアタイヤの所のパテ研ぎの次は、
左右リヤフェンダーの所のパテ仕上げ。

右側は、下側だけで良かったのだが、
DSC_7127 (800x536)
左側はリヤフェンダー1枚板金しているので、
裏面も一緒に面修整しようと、パテ付け。
DSC_7120 (800x536)
今の車だったら、内張りが付いてしまって全く見えないのだが、
ハコスカの場合、何もトランクルーム内に内張り的なものはなく、
すべてが丸見え状態なので、修理跡があるのでは嫌だったので、
手間ではあるのだが、パテ修整作業へ~。
DSC_7132 (800x536)
DSC_7123 (800x536)
左側においては、いまいちの状態だったので、
再度パテ付けして、
DSC_7125 (800x536)
パテ研ぎ工程での仕上げ~。
DSC_7130 (800x536)
他も細々とパテ修整して、
DSC_7134 (800x536)
車を塗装ブース内に入れて、
DSC_7143 (800x536)
マスキング作業後、
DSC_7145 (800x536)
DSC_7147 (800x536)
素地金属に対して、スタンドックス 
エッチングプライマーにて下処理後、
DSC_7157 (800x536)
DSC_7159 (800x536)
スタンドックス イージーフィラーにて、下地塗装~。
DSC_7170 (800x536)
DSC_7161 (800x536)
顔をパテのホコリにて真っ白になりながら、
パテ研ぎにて出来上がった、フロア内部の詳細。
DSC_7166 (800x536)
DSC_7164 (800x536)
DSC_7169 (800x536)
DSC_7168 (800x536)
しかし、出来上がってしまえば、
なんてことないように見える物だわ。(笑)

これでボディ本体の修理作業は、全て終わり。
DSC_7669 (800x536)
思い返せば、実に、ボディ本体の作業だけで、
丸2年かかっているのだが、
さらにこの先、さらにどれだけ時間かかるのか、
まったく不明であるのだが、次は各パネルの作業へと
作業進めます、KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業でした。
DSC_7667 (800x536)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2017/06/20 Tue. 21:15    TB: --    CM: --

新型ワゴンR 660 ハイブリッド 

パテ研ぎの後は、下地のサフェサー塗装にあたり、
塗装ブース内に車移動してから、マスキング作業~。
DSC_7414 (800x536)
サフェサー塗装の前に、まずはスポット溶接した所の
素地金属部に対して
DSC_7417 (800x536)
スタンドックス エッチングプライマーを下塗り塗装。
DSC_7426 - コピー (800x536)
素地金属に直接サフェサーを塗装しても、
防錆面と密着不良のためダメなので、
プライマー塗装が必衰項目。

その後からサフェサーを塗装して下地工程完了。
DSC_7430 - コピー (800x536)
DSC_7436 (800x536)
塗装にあたり、まずは室内塗装からで、
パネル変形に伴う色割れ箇所を、サンディングしてから、
DSC_7392 (800x536)
外板パネル同様、素地金属に対して
エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_7467 (800x536) (800x536)
下地のサフェサーを塗装~。
DSC_7470 (800x536) (800x536)
サフェサー乾燥後に、サンディングして
再度マスキングしてから、内板色を作って塗装。
DSC_7522 (800x536) (800x536)
同時に、新品フロントフェンダーも内板色を塗装~。
DSC_7525 (800x536) (800x536)
DSC_7527 (800x536)
同様に、フロア裏面も修理箇所を
DSC_7472 (800x536) (800x536)
車の下に潜り込んでの作業で塗装。
DSC_7492 (800x536) (800x536)
これら、内板塗装を終えたら、外板パネルの塗装で、
まずは車本体と
DSC_7549 (800x536) (800x536)
DSC_7559 (800x536) (800x536)
リヤバンパー
DSC_7562 (800x536)
フロントフェンダーを上塗り塗装~。
DSC_7571 (800x536)
さらに、フロントドアと、
DSC_7604 (800x536)
リヤドアを塗装して
DSC_7608 (800x536)
DSC_7609 (800x536)
塗装工程完了。

あとは、取り外しした部品組み付け作業を経て
DSC_7644 (800x536)
修理完了した、新型ワゴンR 660 ハイブリッド
DSC_7773 (800x536)
先週納車させて頂き、
どうもありがとうございました。

カテゴリ: 新型ワゴンR 660 ハイブリッド

[edit]

Posted on 2017/06/23 Fri. 21:15    TB: --    CM: --

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 オールペイント作業 

休日にボチボチと作業していた、Datsun 300zx 50th Anniversary z31。

ここ最近何かと雑用でストップ状態なっているのだが、
右側リヤフェンダーの作業分として、進んだ分の更新。
DSC_6559 (800x536)
まずは、右リヤフェンダー後方部の腐食箇所、
DSC_6553 (800x536)
オーバーフェンダーの裏側になるのだが、
素朴な疑問なのだが、
どうしてこんな所がこんなに錆びしてまうのだろうか?
DSC_6557 (800x536)
表面からなの錆びか、裏面からの錆なのか、
いずれにしても良く解らないし、、。
DSC_6566 (800x536)
しかし、一般的考えでいくと、左右同じところが錆びてくるものなのだが、
この車左右でまったく異なる所ばかり腐食していて、
同じ所はないので不思議な車だ。

こんな事いくら考えてもどうしょうもない事なので、
目の前にある問題点から修理として、
錆びていた所をカットしたら、
DSC_6698 (800x536)
こんな状態で、サックサックだったわ。(笑)
DSC_6685 (800x536)
DSC_6691 (800x536)
タイヤハウス側は問題なかったので、
リヤフェンダー側のパネルを新たに製作して、
DSC_6700 (800x536)
DSC_6696 (800x536)
MIG溶接にて取り付けして、
DSC_6705 (800x536)
仕上げに溶接箇所の突起部をサンダーにて削って、
リヤフェンダー後方部の作業完了。
DSC_6707 (800x536)
次は、右側リヤフェンダーとステップとの境目の所、
DSC_6866 (800x536)
DSC_6872 (800x536)
浮いている錆を削り落としたら、ポッカリと穴あり、、、(笑)
DSC_6880 (800x536)
ここの箇所においては、リヤフェンダー側とステップ側とで、
2枚パネルを製作になるのだが、
この状態で、完全にストップしてしまってます、、(笑)

しかし、この車スポイラーとかで隠れているいる所ばかり
腐っているのだが、他の車Anniversary z31は
どうなっているのだろうかと、少々疑問に思う日々、、、。

また作業進み次第、更新しますので、
少々お待ちを、、、。

カテゴリ: Datsun 300zx Anniversary

[edit]

Posted on 2017/06/25 Sun. 20:42    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業、
ボディ本体は作業終えたので、
次は左右のドアパネルの作業へ~。
DSC_7792 (800x536)
DSC_7799 (800x536)
この状態で確認すると、左右共表面のパネルに
お決まりの所に錆びによるパテ浮きあり、、。
DSC_7795 (800x536)
DSC_7801 (800x536)
裏面見ると、所々錆びあり。
DSC_7805 (800x536)
DSC_7809 (800x536)
DSC_7811 (800x536)
でも、年式を考えると錆びによる腐食箇所だらけの状態で
当たり前だと思うので、このドアの状態は上物だと思う。
DSC_7817 (800x536)
少なくても、今作業しているZ31より良いと思うし、、、(笑)
DSC_7822 (800x536)
中を覗き込むと、片側は補強目的のブレースが取れて、
フリーの状態。
DSC_7827 (800x536)
DSC_7852 (800x536)
DSC_7851 (800x536)
反対側を見ると、取り付け固定方法は、
当時はクッション目的のボンドと、
補助的にガムテープにての貼り付けだったのだろうか?。
DSC_7825 (800x536)
まったく解らないし、、(笑)。

要は取れなければ、OKだのだが。

次に、このブレース左右に貼ってあるサイレンサーパット、
DSC_7842 (800x536)
DSC_7840 (800x536)
新車時にメーカーで貼ってある物で、
ドアの開け閉め時のビビリ音振動を止めて、
開閉時の音を重みのある音にしているのだが、
このサイレンサーパットの下側が、どうなっているのだろうと
素朴な疑問点に、取り外し作業へ。
DSC_7952 (800x536)
ヒートガンにてガンガン熱を加えながら、
スクレパーにての取り剥がし作業~。
DSC_7955 (800x536)
取って見て驚き、下はなんと素地金属状態だったし、、、。
DSC_7964 (800x536)
幸いな事に、しっかりと密着していたおかげで、
サビは発生していなかったのだが、熱とかで少しでも浮いてしまったら、
かなり致命的な事になってしまうと思われるのだが、、。
DSC_7973 (800x536)
でも、当時の新車時の工程が、ドア裏に対してサイレンサーパットを貼ってから、
電着塗装していたと思われるのだが、現在の車の製造工程では考えられない所、、。

最後に、補強のブレースを取り外しして見たら、
結構錆びてボロボロだった、、。
DSC_7956 (800x536)
特に裏面が錆び酷く、
DSC_7957 (800x536)
ドア側も、ガムテープの貼り付け面が錆びあり状態だった。
DSC_7966 (800x536)
作業的には、まず貼ってあったサイレンサーパットと同じ厚みで
同じ大きさ形状にて、新たに4枚製作~。
DSC_7930 (800x536)
ちなみに、この形になった商品として、
日産部品には、売ってないですよ~ん。(笑)
DSC_7899 (800x536)
こんな感じて、ドア作業中のKPGC10 ハコスカ GT-R 
フルレストア作業でした。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2017/06/30 Fri. 20:59    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード