FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

STANDOX VOCシステムフィラー 

STANDOX VOCシステムフィラー、
隠蔽性の悪い色の為に作られたサフェサー。

色はホワイトとグレーがあり。

白色は白色系で、グレーはシルバー用と言った所か。

水性塗料のスタンドハイトだと原色による
混ぜ合わせて色を作る事も可能なようで、
とりわけ3コートパールのカラーベース部の
白色の留まりの悪さをなんとかしたかったので、
ホワイト色を購入。
DSC_0200 (800x531)
硬化剤の配合値が、何時も使用しているイージフィラーとは違うので、
まず最初にラベルに注意書き。(笑)

ボルボV90の新品パネル、
ボンネットもフェンダーもアルミ製で、
DSC_0210 (800x531)
電着塗装してあるのだが、
DSC_0211 (800x531)
下地塗装に使かおうと、
まずはマニュアルをよく見るところから。
DSC_0203 (800x531)
DSC_0206 (800x531)
塗料販売店の方からは、白色なので留まり悪いかもと説明あったのだが、
配合値で混ぜ合わせて作った感じは、
それほど白くない印象かも。
DSC_0234 (800x531)
塗装した感じでは、
DSC_0240 (800x531)
DSC_0238 (800x531)
イージ-フィラーとなんにも変わらなかった。(笑)
DSC_0241 (800x531)
車側に仮合わせにて取り付けして見たのだが、
DSC_0030 (800x531)
期待したほど、白色も真っ白ではなくて
DSC_0033 (800x531)
こういった商品、まずは使ってみないと解らないだが、
イージーフィラーより少し白い程度だったので、
少々期待はずれかも。

もう少し使ってみて、今後どうしようかと考えよっと。


カテゴリ: 塗装

テーマ: 自動車の整備&修理 - ジャンル: 車・バイク

[edit]

Posted on 2018/04/15 Sun. 20:07    TB: --    CM: --

2018 ボディ寸法図 

2018年度版 ボディ寸法図が゜届いたのだけど、
今までだと、細長くて横開きタイプだったのだが、
雑誌みたいな本になっていた。
DSC_0050 (800x531)
DSC_0065 (800x531)
最近では大破の事故車修理、かなり台数減ったのだが、
見たいときにないと困る物なので、毎年購入しているのだが、
こんなにボディ寸法図集まったし。

1991年からあるので、ざくっと27年間買い続けており、
DSC_0043 (800x531)
旧車分の本も入れると、実に1984年からの
日本車のボディ寸法図あります。
DSC_0045 (800x531)
ここに来ればボディ寸法図あるとのことで、
近くの同業者の方もたまに貸してと来るけど、、。(笑)

こうした寸法図、昔からずっと簡易的な図の元に
細かな数字があるといった、いかにも寸法図とった本だったのですが、
DSC_0067 (800x531)
DSC_0072 (800x531)
今年から大きく変わったのは、まずカラーになっていて、
紙質もツルツルから、ちょっと厚めの半光沢紙に変わり、
DSC_0052 (800x531)
表記されている車の形もかなり現車に近いイラストに数字の表記してあり、
DSC_0059 (800x531)
かなり見やすくなった。
DSC_0060 (800x531)
最近老眼ぽいので、これは助かる。(笑)
DSC_0063 (800x531)
それと、内張り関係の部品外し方とか、
DSC_0054 (800x531)
パネル交換のカット場所も記載されていたりして、
DSC_0056 (800x531)
かなり親切な本へ変貌した感じ。

あと、時代の流れかセンサーやカメラについての
説明があったりとなってるのだが、
DSC_0076 (800x531)
これらすべては、毎月発刊されてます業界紙ボディショップレポートに、
載っている物を、集めて本としているのだと思うのだが、
車の進化に伴い、周りも少しずつ変わって来てます。

カテゴリ: 修理

テーマ: 自動車の整備&修理 - ジャンル: 車・バイク

[edit]

Posted on 2018/04/17 Tue. 21:10    TB: --    CM: --

MAZDA RX-7 FD3S 

最近、高値で販売されているMAZDA RX-7 、
DSC_0127 (800x531)
雪災害でのルーフ修理と、キズに伴うオールペイント作業分。
DSC_0139 (800x531)
主に右側が潰れていた歪みがあるのだが、
話を聞けば、損害確認に来られたアジャスターの方が、
室内側から手で押し出したことにより、
かなり形が戻っての現状の形との事。

ルーフ板金に当たり、まずは天井内張りの取り外しから。
DSC_0156 (800x531)
形成された天井内張りを取り外しすると、
薄いスポンジが貼ってあったので、
それも取り外しすると、写真のような状態になり、
補強のブレースも縦方向に入っているので、
裏側から当て板使える状態に。
DSC_0164 (800x531)
ヤスリ目のハンマーを使ってルーフを板金作業した所で、
DSC_0109 (800x531)
先日購入した板金ヤスリの出番。
DSC_0112 (800x531)
板金ヤスリをルーフの丸み形状に形合わせて、
DSC_0114 (800x531)
ヤスリを動かすと、低い所は傷が付かなく、
高い所は傷が深く入る事で、目視で判断出来るもの。
DSC_0135 (800x531)
このキズを見て板金して、再度ヤスリにて
確認しての繰り返しで、板金仕上げ。
DSC_0140 (800x531)
塗膜のエッヂ部をサンディングしてから、
DSC_0142 (800x531)
DSC_0147 (800x531)
素地金属に対して、プライマーを塗装してから、
DSC_0148 (800x531)
DSC_0152 (800x531)
パテ付け工程後に、
DSC_0104 (800x531)
DSC_0100 (800x531)
パテ研ぎにて、面修整~。
DSC_0017 (800x531)
写真で説明すると、あっという間なのだが、
実作業は、パテのホコリまみれになりながら、
それなりの作業時間かかってます、、。(笑)
DSC_0144 (800x531)
その後は、下地のサフェサーを塗装してから、
フロントウインドガラスを取り外しして、
DSC_0080 (800x531)
塗装前の状態まで終えているFD3S RX-7でした。

カテゴリ: MAZDA RX-7 FD3S

テーマ: 旧車 - ジャンル: 車・バイク

[edit]

Posted on 2018/04/22 Sun. 20:52    TB: --    CM: --

ボルボ V70R オールペイント作業 

オールペイント作業のボルボ V70R 、
ルーフの塗装を終えて乾燥させている間に、
DSC_0110 (800x531)
ドア4枚も車側から取り外し作業~。
DSC_0114 - コピー (800x531)
元色でのオールペイント作業なのだが、
ドアを取り消したままで塗装すると、
ドア開口部との境目の、ウエザーストリップのところで、
マスキングする事により、塗膜の段差が生じてしまうので、
ドアを取り外しするに。
DSC_0117 - コピー (800x531)
個人的考えなのだが、塗装回数は増えるのだが、
下手にマスキングして作業する事を考えるより、
ドア取り外ししたほうが、後々のマスキングと塗装
格段に楽なので、急がば回れって事か。(笑)

サンディング後、この状態で塗装ブースに車移動して、
DSC_0153 (800x531)
DSC_0145 (800x531)
マスキングして、
DSC_0160 - コピー (800x531)
DSC_0176 - コピー (800x531)
DSC_0002 (800x531)
DSC_0177 - コピー (800x531)
スタンドックスにて上塗り~。
011.jpg
016.jpg
DSC_0048 - コピー (800x531)
037.jpg
025.jpg
031.jpg
DSC_0052 - コピー (800x531)
塗装後の写真、沢山撮った覚えはあるのだが、
何故かこれだけしかなくなっているし、、。

*工場のパソコンに、写真ありましたので、追加します。

凄く忙しい日々の中で、保険会社への提出写真とか
かなり入りまみれていたので、間違えて削除したんだろか?。
何事も急いで作業しているとダメだわ。

ちなみに、普段見ることはない、バックパネルまでも
ヌメヌメに塗装仕上げ済みです。
DSC_0055 - コピー (800x531)
DSC_0053 - コピー (800x531)
DSC_0057 - コピー (800x531)
DSC_0064 - コピー (800x531)
続いてドアとボンネットの上塗り塗装~。
DSC_0042 (800x531)
DSC_0044 (800x531)
DSC_0046 (800x531)
DSC_0047 (800x531)
DSC_0049 (800x531)
DSC_0050 (800x531)
上塗り塗装を終えたパネルから、
DSC_0051 (800x531)
DSC_0052 (800x531)
車体側に取り付けしているのだが、
DSC_0072 (800x531)
ボルボのドアヒンジの構造、
DSC_0068 - コピー (800x531)
ドア側ヒンジの下側ピンを
DSC_0063 (800x531)
ピラー側の穴に通して、ボルト1本での固定なのだが、
ヒンジ側とピラー側の当たり面は素地金属状態だったり、
実に上手く作られており、感動もん。。
DSC_0065 (800x531)
ちなみに、現行型V90のドアを取り外しする事があったですが、
同じような構造になっていのを見ると、
これで安全性高い構造なので、ボルボは流石です。

こんな感じにて作業中のV70Rでした。

カテゴリ: ボルボ V70R

テーマ: 自動車の整備&修理 - ジャンル: 車・バイク

[edit]

Posted on 2018/04/25 Wed. 21:14    TB: --    CM: --

ゴールデンウィークの営業日について 

ゴールデンウィークの営業日については、
カレンダー通りの休日での営業となります。
67677ee2978f48401b48cc36124a9912.jpg

ボディショップ シラサキ

カテゴリ: お知らせ

[edit]

Posted on 2018/04/26 Thu. 08:36    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード