FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア 

ホワイトボディ状態までなったハコスカGT-R、
DSC_0374 (800x531)
この状態で工場にあると、ハコスカだと解ってくれます。(笑)
DSC_0363 (800x531)
たまに全然違う車種を言ってこられる、
損保のアジャスター方も居られますが、、、。
DSC_0369 (800x531)
ここで、まだ作業の残っていた部品、
室内側に付く、ルーフパネルのバタつきを抑えるフレーム、
DSC_0248 - コピー (800x531)
今の車だとスポット溶接で取り付け固定されているのですが、
この頃はボルト留めでの固定方法で、
DSC_0250 - コピー (800x531)
ルームランプもこのフレームに取り付けされている。
DSC_0264 (800x531)
今の車だと、天井内張りが成型されたものなので、
天井内張りにはめ込みにて取り付け固定されています。

このパーツも、錆びあったので、
DSC_0254 (800x531)
裏表面を剥離剤にて剥離作業にて
DSC_0270 (800x531)
DSC_0278 (800x531)
DSC_0286 (800x531)
素地金属状態になったフレーム
DSC_0290 (800x531)
DSC_0296 (800x531)
DSC_0292 (800x531)
素地金属部を研磨して仕上げた状態。
DSC_0309 (800x531)
DSC_0312 (800x531)
DSC_0313 (800x531)
DSC_0317 (800x531)
ここから、防錆塗装としてスタンドックス 
エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_0329 (800x531)
DSC_0336 (800x531)
イージフィラーにて下地塗装~。
DSC_0344 (800x531)
DSC_0347 (800x531)
フレーム乾燥後に、
DSC_0358 (800x531)
隙間に対して緩衝材として、専用の緩衝材シーリングをしてから、
DSC_0359 (800x531)
車側に取り付けして、
DSC_0360 (800x531)
剥離を行う作業は、これで終わりになるハコスカGT-Rでした。
スポンサーサイト

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2018/06/04 Mon. 20:46    TB: --    CM: --

カーボンボンネット塗装 

台風災害で交換になった新品カーボンボンネット、
DSC_0256 (800x531)
元々付いていた状態にする作業なのだが、
カーボンボンネットに対して、クリヤー塗装と
ボディ色のワインカラー色の2色塗装。

今まで色々なパーツ塗装してきたのだが、
クリヤー塗層との2色塗りは初めての作業。

どの順番で作業したら良いのかをトータル的に考慮して、
作業始めたのだが、まずはエアグリルネットの取り外しから。
DSC_0240 (800x531)
センターの大きい所は、金具で固定してあったので、
取り外しは簡単なのだが、
DSC_0242 (800x531)
両脇のグリルネットはシリコンで接着してあったので、
一緒に塗装したかったのだが、元々のカーボンボンネットを見ると、
取り外しして塗装してあったので、取り外しする事に。
DSC_0259 (800x531)
グリルネットは再利用てなくてはいけないので、
痛めない様にシリコン接着部分の取り外し。
DSC_0264 (800x531)
DSC_0263 (800x531)
グリルネット取り外し後、裏面をマスキングして
DSC_0278 (800x531)
まず最初に全面をクリヤー塗装~。
DSC_0284 (800x531)
いつも使用しているスタンドックス 
クリスタルクリヤーでの塗装仕上げなのだが、
両サイドのグリル形状、凸凹面で、
塗装の塗り難さは、かなり高難易度。
DSC_0288 (800x531)
ここで一旦良く自然乾燥させてから、
DSC_0212 (800x531)
もう一色塗装塗り分けのため、マスキングテープにて
ライン部をマスキング。
DSC_0214 (800x531)
角が丸み形状だったのだが、マスキングテープを使って
丸くテープを貼ろうとしても、なかなか左右同じ丸みにはならないので、
マスキングテープ上に、形状に沿ってラインを書いて、
それに沿って、カッターでテープを切り落しでの作業。
DSC_0216 (800x531)
クリヤー塗装部をマスキングしてから、サンディンク作業して、
DSC_0220 (800x531)
ボディ色を塗装~。
DSC_0225 (800x531)
マスキングを剥がしてあるのは、塗装直後にテープを取らないと
見切りライン部の所が綺麗に仕上がらないので、
上塗り後すぐにマスキング撤去作業~。
DSC_0228 (800x531)
DSC_0227 (800x531)
あとは、通常通り温風にて強制乾燥させてから、
見切りライン部の塗料の段差を修整して、
DSC_0237 (800x531)
各部グリルネットを取り付けして、
カーボンボンネット色塗り完成~。
DSC_0284 - コピー (800x531)
DSC_0270 (800x531)

カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2018/06/09 Sat. 20:49    TB: --    CM: --

UCF31 セルシオ 後期 

UCF31 セルシオ 後期、
トヨタ純正オプションのスポイラー取り付け作業依頼分。
159 (800x531)
新品部品につきましては、製造廃止のため入手不可なので、
お客様の方で購入した中古パーツ一式。
176 (800x531)
209 (800x531)
251 (800x531)
こうしたパーツ取り付け、新品部品だと取り付け説明書があり、
取り付け固定の穴開けの位置だし用の型紙が
付属していたりするのだが、
中古パーツとなのとそうした物がないので、取り付けに困るもの。

ちなみに色々と検索したのだか、取り付け用のキットが部品として
あったようなのだが、これも製造廃止扱いで入手不可、、、。

こうなると、現物を見ながら取り付け方法を考えるだけで、
まず最初はサイドステップから仮合わせ作業で、
元々付いていたサイドステップを取り外しして、
212 (800x531)
206 (800x531)
サイドステップを取り付け~。
216 (800x531)
ここにおいては、取り付け方まったく同じなので特に問題点なし。
218 (800x531)
次にフロントスポイラーの取り付け。

部品を見ると、左右1箇所ずつ6ミリのボルトで固定するようになっていたので、
183 (800x531)
フロントバンパー側に、取り付け穴のマーキングがないか、
バンパー裏を探したのだが、何にもないし、、。

これがあるのとないのとでは、全然作業性違うのだが、
予想に反して、どうもハズレのよう、、、。(笑)

こうなると現物から穴の位置出しをするしかなくて、
スポイラーのフレームを使って穴の位置出し作業で、
190 (800x531)
192 (800x531)
8ミリの穴あけ。
194 (800x531)
続いてリヤ部の作業。
229 (800x531)
今回一緒にリヤバンパーも修理塗装するので、
まず最初に、元々付いていたスポイラーの隙間を埋めていた
シリコンの辞去と、バンパーモールの交換。
223 (800x531)
バンパーモールは両面テープで貼り付けされているので、
取り外しすると、両面テープの糊跡だらけの状態、、、。

シリコンも両面テープの糊跡も熱を加えながら、
最終的には、ちまちまと指にて擦りながらの作業、
何時やっても大変。
242 (800x531)
237 (800x531)
今回取り付けするリヤバンパー下側に付く、
スポイラー側の取り付けを見ると
262 (800x531)
センター部に4箇所、
264 (800x531)
コーナー部に2箇所の取り付け穴あけの必要あり。
265 (800x531)
ここで、リヤバンパー取り外しして、バンパー裏を確認したら、
254 (800x531)
あった~。

取り付け穴開けのマーキングが。(笑)
256 (800x531)
これなかったら、マジで穴開けの位置出し相当大変だったので、
あるのと無いのとでは、苦労する作業時間違います。

穴開け後に、スポイラー仮取り付け後、
277 (800x531)
位置確認して、スポイラー取り付け作業まで終えた
UCF31 セルシオでした。

カテゴリ: UCF31 セルシオ 後期

[edit]

Posted on 2018/06/14 Thu. 21:36    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R レストア 

KPGC10 ハコスカGT-R レストア作業、
次に作業したのが、スプラッシュプレート。
DSC_0465 (800x531)
フロントフェンダー内部のフロントピラーに取り付けされている部品。
現在の車で言うとフェンダーライナー。

今はPP製のプラスチックで、ハコスカだと鋼板に
フェンダーとのあたり面は、ゴム製。
DSC_0466 (800x531)
部品の状態は、それなりに錆びあって、
DSC_0473 (800x531)
片側腐食による穴開き箇所もあり。
DSC_0475 (800x531)
DSC_0477 (800x531)
ゴムの所には、製造時の保護のビニールまで残っていた。
DSC_0469 (800x531)
とりあえず、ゴムとプレートと分離させなくてはいけないので、
ホッチキスの針のようなのを、1コずつ取り外して、部品単体に。
DSC_0484 (800x531)
DSC_0485 (800x531)
ゴムには過去の補修した塗料の付着あり。
DSC_0488 (800x531)
修理作業は、パネル両面をサンドブラストにて、
サビ落とし作業してから、
DSC_0491 (800x531)
DSC_0495 (800x531)
腐食箇所をカットして取り除いて、
DSC_0497 (800x531)
新たに製作した鋼板を、
DSC_0500 (800x531)
溶接にて取り付けしてパネル交換~。
DSC_0503 (800x531)
DSC_0504 - コピー (800x531)
仕上げとして、綺麗に素地金属を磨き上げて
DSC_0508 (800x531)
DSC_0510 (800x531)
そこからは、お決まりの下地工程で、
エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_0526 (800x531)
DSC_0528 (800x531)
イージーフィラーにて下地塗装。
DSC_0540 (800x531)
DSC_0541 (800x531)
DSC_0657 (800x531)
ゴムの付着してます塗料は、
シンナーにて綺麗に拭きあげて完成。
DSC_0546 (800x531)
DSC_0545 (800x531)
ちなみにのゴムにおいては、一般的にあるゴムではなく
表面に何らかの加工がされてありましたので、
再利用する事で作業してます。
DSC_0548 (800x531)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2018/06/16 Sat. 20:08    TB: --    CM: --

塗装時の気温 

何時もYahooの最高気温を参考で、
塗料シンナーを選択して、塗装しているのだが、
今日は朝の時点で、最高気温28℃だったので、
その気温に見合った塗料シンナーを入れて調色して、
DSC_0057 (800x531)
塗装の下準備のマスキング作業していたのだが、
なんか今日はとても暑いし、、、。

塗装しようと塗装ブース動かしたら、いきなり34℃を表示、、、。
DSC_0042 (800x531)
これでは、暑いわ、、。
全然最高気温、外れているし。

暑くて水分補給しながらの塗装、
DSC_0039 (800x531)
マジ疲れた、、。
DSC_0063 (800x531)
しかし、こんなに暑かったけ。

ちなみに、明日の最高気温24℃???

どうなっているのだろうか。

カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2018/06/19 Tue. 20:58    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード