FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
フロントエンジンメンバーの次は、アーム関連の作業。
003_20180921082118101.jpg
070_20180921082416e6c.jpg
こうしたパーツは、下周りの塗装して、
シャーシブラックが塗装してあるのだが、
あくまで簡易的な塗装のため、塗膜が密着してなくて、
スクレパーで簡単に取れてしまう程度の塗装。
127_20180921082431deb.jpg
これらアーム類も、すべて塗装し直しするので、
ジョイント部のところをマスキングしてから、
サンドブラストにて旧塗膜の剥離から。
007.jpg
010.jpg
さらに、研磨作業をして剥離終えたアーム類、
111_20180921082419b39.jpg
112_20180921082420a99.jpg
最後に、ネジ山をタップとダイスにて修整作業。
019.jpg
105.jpg
タイロッドエンドは片側は逆ネジになっているので、
逆ネジのダイスにて修整作業~。
014.jpg
こうしたねじ山修整、ねじ山に錆びとか汚れ詰まっているので、
再利用の場合、必衰項目。

ここから先の工程は、いつもの下地工程なのだが、
塗装してはダメな所を、マスキングしてから、
116_20180921082422425.jpg
118_201809210824239dc.jpg
エッチングプライマーを塗装して、
122_20180921082426467.jpg
121.jpg
0531.jpg
イージーフィラーにて下地塗装~。
129_20180921082432052.jpg
131.jpg
059.jpg
066.jpg
KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
1コずつこうした作業で進行中~。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2018/09/21 Fri. 21:21    TB: --    CM: --

1972y  ポルシェ911E 

先日入庫したナローポルシェ911、
作業前の現状確認から。
DSC_0434 (1024x680)
1972y  ポルシェ911E ディーラー車

外装は、73カレラRS仕様。
DSC_0433 (1024x680)
偶然にも今作業してますハコスカGT-Rと同じ47年式。

人で言うと同級生~。

どんどん増えていきます、昭和のお友達。(笑)

まずは、リフトで車を上げて詳細確認。
DSC_0498 (1024x680)
DSC_0497 (1024x680)
下回りからフロアの状態を確認。
DSC_0483 (1024x680)
フロントフロア、リヤフロア共に、目立った腐食箇所はなし。
ナローの場合ブレーキペダル周辺が、
ダメな車多いのだが、今の所問題なし。
DSC_0481 (1024x680)
ただ、燃料タンクには凹みあり。
DSC_0475 (1024x680)
エンジンはO/H済みの2.7Lで、
ヒートエクスチェンジャーも含め綺麗。
DSC_0493 (1024x680)
DSC_0610 (1024x680)
外装は、73カレラRS仕様フロントバンパー内部に
オイルクーラーあり。
DSC_0471 (1024x680)
ボンネットはFRP製。
DSC_0580 (1024x680)
ウインドガラスモール、
DSC_0447 (1024x680)
DSC_0455 (1024x680)
ドア周りのメッキモールすべて良好~。
DSC_0457 (1024x680)
このドア周辺のメッキモールパーツ、
純正部品は製造廃止なので、入手不可。

ちなみに、当時物のメッキは輝きが違います。
DSC_0450 (1024x680)
各パネルの隙間も良好で、ドアの開閉問題なし。

911の場合、ドアサッシュとクォーターガラスとの縦の隙間
均等でないのが多いのだが、至って良好~。
DSC_0453 (1024x680)
リヤ部には73カレラRS仕様のリヤウイングとリヤバンパー。
DSC_0212 (1024x680)
DSC_0193 (1024x680)
ただ、リヤフェンダーはスチール製で、
73カレラRS仕様に変更されていて、ワイドになってます。
DSC_0202 (1024x680)
DSC_0199 (1024x680)
ホイールは純正アロイ15インチで、
フロント 7J
DSC_0469 (1024x680)
リヤ8J
DSC_0466 (1024x680)
室内は、フロントシートが、当時オプション品のスポーツシート2脚
DSC_0583 (1024x680)
DSC_0585 (1024x680)
ダッシュ関連は、ステアリング以外オリジナル。
DSC_0591 (1024x680)
DSC_0589 (1024x680)
天井内張りと
DSC_0595 (1024x680)
リヤシートはなし。
DSC_0596 (1024x680)
ドア内張りは、社外品。
DSC_0602 (1024x680)
フロント内部は、
DSC_0558 (1024x680)
大きなバッテリーが1コが移設してあり、
DSC_0573 (1024x680)
フロントパネル側に向かって、
オイルクーラーのラインホースあり。
DSC_0568 (1024x680)
左側には、
DSC_0570 (1024x680)
ウオッシャータンクがダブルで設置あり。
DSC_0571 (1024x680)
こんな感じで確認作業完了。

まずは、エンジンとミッションの取り外しを、
提携工場に作業依頼中で、作業待ちの状態。

その間に、取り外ししたエンジンとミッションを
乗せて保管する台車を、工場内にあった鋼材を使い、
さくっと製作~。
DSC_0176 (1024x680)
DSC_0178 (1024x680)
DSC_0180 (1024x680)
DSC_0184 (1024x680)
DSC_0190 (1024x680)
こうした作業を始めるまでの下準備中の
ナローポルシェ911でした。

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2018/09/24 Mon. 20:32    TB: --    CM: --

クライスラー 300 リミテッド 

クライスラー 300 リミテッド、
あまり修理する事のない米国の車。
DSC_0001 (1024x680)
このクラスになると、当社の積載車には乗りません、、、。
DSC_0015 (1024x680)
修理するのは、フロントバンパーの擦り傷と、
DSC_0011 (1024x680)
リヤバンパーの僅かな凹み。
DSC_0020 (1024x680)
作業にあたり、各バンパーを取り外ししなくていけないのだが、
どんな構造になっているのか、まったく不明なので、
あーでもない、こーでもないと悩みながらの作業のもと、
外れた各バンパー。
DSC_0052 (1024x680)
DSC_0073 (1024x680)
今回のような初めて作業する車だと、
今は便利な時代で、取り外し方の手順解らなかったら、
ネットで検索すると、写真付きで親切丁寧に作業手順載っているもので、
おすすめは、みんカラかなぁ~。(笑)

しかし、今回の300 リミテッドはマイナーすぎて、
なにもなかったのだが、、。
DSC_0057 (1024x680)
DSC_0077 (1024x680)
損傷箇所をパテにて面修整してから、
DSC_0094 (1024x680)
DSC_0098 (1024x680)
スタンドックス ホワイトフィラーにて下地塗装~。
DSC_0114 (1024x680)
白色のサフェサーなので、どこを塗装したのか解らない仕上がり。(笑)
DSC_0112 (1024x680)
使用する目的は、カラーベースの白色のとまりを良くするため。

サフェサー乾燥後に、サンディングしてから、
塗装ブース内に入れて、
DSC_0159 (1024x680)
DSC_0155 (1024x680)
フロントバンパーは補修で、
DSC_0168 (1024x680)
DSC_0171 (1024x680)
リヤバンパーは1本塗りで、
DSC_0164 (1024x680)
スタンドックスにて上塗り塗装~。
DSC_0167 (1024x680)
あとは、部品組付けして、
DSC_0227 (1024x680)
DSC_0217 (1024x680)
完成した、クライスラー 300 リミテッド。
DSC_0234 (1024x680)
DSC_0244 (1024x680)
作業終えた感想、一言ですべてデカかったです。(笑)



カテゴリ: クライスラー 300 リミテッド

[edit]

Posted on 2018/09/27 Thu. 21:00    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード