FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

1972y ナローポルシェ911 レストア作業 

ナローポルシェ911、レストア作業。

フロア剥離後に、シーリングの辞去を終えた室内、
DSC_0062 (1024x680)
DSC_0066 (1024x680)
この先は研磨作業なのだが、ただひたすら根気良く作業~。
DSC_0017 (1024x680)
この時期は寒いのだが、室内での研磨作業には適している。

暑い時期だと、こうした作業は汗は出て来るし、最悪。

ただ、剥離作業は寒い時期は最悪なので、
やはり春か秋が一番良いのだが、
何事もちょうど良いは、なかなかないものですが、、。

こうして研磨作業にて仕上げた各部詳細。
DSC_0071 (1024x680)
ペダル周辺もピカピカ仕上げ~。
DSC_0070 (1024x680)
DSC_0021 (1024x680)
ペダル上側も同様にピカピカ~。
DSC_0043 (1024x680)
助手席側~。
DSC_0072 (1024x680)
リヤシート側~。
DSC_0074 (1024x680)
DSC_0027 (1024x680)
DSC_0035 (1024x680)
DSC_0026 (1024x680)
DSC_0078 (1024x680)
ここまで仕上げたら、車を塗装ブースに入れて、
DSC_0086 (1024x680)
マスキングしてから、
DSC_0095 (1024x680)
DSC_0104 (1024x680)
素地鋼板に、スタンドックス エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_0107 (1024x680)
DSC_0114 (1024x680)
DSC_0117 (1024x680)
DSC_0118 (1024x680)
DSC_0109 (1024x680)
室内全面を、スタンドックス イージーフィラーにて下地塗装仕上げ。
DSC_0124 (1024x680)
DSC_0135 (1024x680)
DSC_0139 (1024x680)
DSC_0129 (1024x680)
DSC_0140 (1024x680)
DSC_0145 (1024x680)
乾燥後、塗装ブースから出して完成した室内下地塗装。
DSC_0027 - コピー (1024x680)
DSC_0007 (1024x680)
DSC_0009 (1024x680)
DSC_0020 (1024x680)
DSC_0024 (1024x680)
DSC_0012 (1024x680)
DSC_0026 - コピー (1024x680)
DSC_0014 (1024x680)
次は、ボンネット内部のフロア作業になります、
ナローポルシェ911 レストア作業でした。
スポンサーサイト

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2019/03/01 Fri. 21:16    TB: --    CM: --

ローバー ミニ サビ修理 

サビ修理のミニ、
まずはドアの修理から。
DSC_0319 (1024x680)
アウターパネルに腐食箇所あり。
DSC_0325 (1024x680)
錆びて膨れ上がっている中央部を、
マイナスドライバーで押したら、簡単に穴開きました。(笑)

さらに、裏面を見ますと、
DSC_0322 (1024x680)
アウターパネル折り返しの所が、腐食あり。
DSC_0326 (1024x680)
インナーパネルのダメです、、。

修理にあたり、まずは腐食してますアウターパネルを、カット。
DSC_0332 (1024x680)
DSC_0337 (1024x680)
インナーパネルも腐食して、穴開いてます。
DSC_0341 (1024x680)
この状態から、インナーパネルの腐食箇所をカットして、
DSC_0347 (1024x680) (1024x680)
新たにパネルを製作して、溶接にて取り付け~。
DSC_0348 (1024x680)
DSC_0354 (1024x680)
水抜きのドレン穴開けてから、
まずは内側になってしまう袋状の所を、
防錆プライマーを塗装してから、
DSC_0377 (1024x680)
表面のアウターパネルの製作してから、
DSC_0378 (1024x680)
溶接にてパネル取り付け~。
DSC_0395 (1024x680)
DSC_0444 (1024x680)
裏側のところは、こんな感じでの仕上げ。
DSC_0457 (1024x680)
最後に表面アウターパネルの歪みを取って、
ドアの腐食箇所の修理完了~。
DSC_0450 (1024x680)
次に、リヤフェンダーガラス開口部、
DSC_0518 (1024x680)
パテが浮いて、ブリスターが発生していたので、
サンダーにて削り落としたら、
あれ?
表側から鋼板をあてて、ロウ付けしてあるし、、。
DSC_0522 (1024x680)
横の所は、サビの穴をロウ付けしてあるよう、、。
DSC_0534 (1024x680)
削り落として見たところ、
やはり鋼板の下側はサビだらけで穴開いていた。
DSC_0533 (1024x680)
カットして取り除いて見たら、裏面はこんな状態だったので、
DSC_0541 (1024x680)
表面より、状態悪かった、、。

ここも、新たにパネルを製作してから、
DSC_0543 (1024x680)
溶接にて取り付けして、
DSC_0545 (1024x680)
完成~。
DSC_0553 (1024x680)
こんな感じで、真面目に日々作業してますよ~ん。。(笑)

カテゴリ: ローバーミニ ⑨

[edit]

Posted on 2019/03/06 Wed. 21:29    TB: --    CM: --

1972y ナローポルシェ911 レストア作業 

ナローポルシェ911、レストア作業分。
DSC_0028 (1024x680)
次に作業したのは、ボンネット内部のフロア関連。
DSC_0059 (1024x680)
パネルの状態は、
ブレーキのオイルタンク下部が腐食箇所あって、
過去に塗装されているのだが、色剥がれや色タレあり。
DSC_0060 (1024x680)
フロント部のパネルは腐食が酷いのでパネル交換。
DSC_0071 (1024x680)
バッテリーボックスも腐食酷いので左右共交換。
DSC_0070 (1024x680)
DSC_0072 (1024x680)
ステアリングシャフトが入り込んでますボックス内部は、こんな状態。
DSC_0074 (1024x680)
とりあず作業としては、燃料タンク後方部のパネルを剥離するので、
簡単にマスキングしてから、
DSC_0089 (1024x680)
化学の力にて、旧塗膜を浮き上げての作業。
DSC_0094 (1024x680)
こうした内部塗装は、塗膜が薄いので剥離はしやすいのだが、
DSC_0099 (1024x680)
過去に一度塗装されてます分、塗膜が厚いのと、
アンダーコート塗装されてます部分、
化学の力、意外と弱く取れて来なくて、
何回も塗りこんで、やっとここまで剥離出来ました。(笑)
DSC_0142 (1024x680)

DSC_0146 (1024x680)
DSC_0145 (1024x680)
DSC_0147 (1024x680)
このあとは、水洗いにて剥離剤を洗い流してから、
DSC_0151 (1024x680)
DSC_0154 (1024x680)
エアーにて水切りして剥離作業完了~。
DSC_0191 (1024x680)
剥離終えた各部詳細は、こんな感じ。
DSC_0175 (1024x680)
DSC_0178 (1024x680)
DSC_0179 (1024x680)
DSC_0182 (1024x680)
DSC_0181 (1024x680)
次は、研磨します。

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2019/03/08 Fri. 21:13    TB: --    CM: --

AHY30 アルファード ハイブリッド 

左スライドドアとリヤフェンダー修理のアルファード ハイブリッド、
DSC_0002 (1024x680)
DSC_0001 (1024x680)
何時も通りの内容で修理。
DSC_0041 (1024x680)
困ったのが、塗装時のマスキング。

リヤフェンダーとスライドドアの塗装にあたり、
各パネルには付属品があり、
DSC_0051 (1024x680)
色々と見ていくと、スライトドアのレールとボディの間に
縁ゴムがあり、リヤフェンダーパネルの上に乗っかっている構造、、。
DSC_0057 (1024x680)
バンパーや、
DSC_0053 (1024x680)
DSC_0055 (1024x680)
水切りモールのように、
DSC_0045 (1024x680)
ボディパネルとの隙間が少しでもあれば、マスキングで対応出来るのだが、
このようにゴムが乗っかった状態だと、塗った塗料が隙間を埋めてしまい、
仕上がりは悪くなってしまう所。、、

このような縦方向だと、
DSC_0048 (1024x680)
ちょっと工夫すれば、何とかマスキングで対応出来るのだが、
DSC_0049 (1024x680)
最近の車は、色々と工夫してのマスキング、
時間掛かりますわ。
DSC_0070 (1024x680)
こうした所は、取り外しが1番良くて、
保険修理だと、ダメなものはダメと説明して、
取り外しが基本で、取り外す事により壊れる部品は
再利用不可と説明すれば良いのですが、
予算が限られた修理となりますと、何とかするしかなくて、
日々作業しているのが、現状です。

今回だと、スライドドアレールの縁ゴムは、
上方向に浮き上がるようにマスキングして、
ボディとの隙間を作り、対応。
DSC_0062 (1024x680)
そのほかは、マスキングでの対応して、
DSC_0065 (1024x680)
DSC_0064 (1024x680)
DSC_0074 (1024x680)
DSC_0068 (1024x680)
上塗り塗装~。
DSC_0083 (1024x680)
DSC_0086 (1024x680)
塗装乾燥後、マスキングを剥がして、
DSC_0135 (1024x680)
DSC_0100 (1024x680)
DSC_0103 (1024x680)
DSC_0096 (1024x680)
こうして完成した、AHY30 アルファードでした。
DSC_0129 (1024x680)



カテゴリ: AHY30 アルファード ハイブリッド

[edit]

Posted on 2019/03/12 Tue. 21:17    TB: --    CM: --

1972y ナローポルシェ911 レストア作業 

剥離を終えたナローポルシェ911、
DSC_0002 (1024x680)
この後は、ピカピカツルツルに仕上げてから、
DSC_0048 (1024x680)
DSC_0008 (1024x680)
DSC_0043 (1024x680)
DSC_0042 (1024x680)
ボックス内部も同様にしてから、
DSC_0025 (1024x680)
フロントフロア関連を除いて、先に下地塗装するため
塗装ブース内部でマスキング後、
DSC_0060 (1024x680)
素地金属に、スタンドックス エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_0075 (1024x680)
スタンドックス イージーフィーラーを下地塗装~。
DSC_0082 (1024x680)
DSC_0083 (1024x680)
DSC_0086 (1024x680)
隅々まで、仕上げてありますよ~ん。(笑)
DSC_0092 (1024x680)
DSC_0097 (1024x680)
下地塗装を乾燥させてから、
DSC_0001 (1024x680)
フロア腐食箇所の修理。
DSC_0009 (1024x680)
ブレーキオイル漏れが原因。
DSC_0224 (1024x680)
腐食箇所をカットして、
DSC_0037 (1024x680)
DSC_0033 (1024x680)
DSC_0035 (1024x680)
新たに製作したパネルを
DSC_0048 - コピー (1024x680)
溶接にて取り付けしてから、
DSC_0058 (1024x680)
DSC_0066 (1024x680)
パイプ穴を開けて、
DSC_0075 - コピー (1024x680)
配線留めのステーを取り付けて、
DSC_0078 (1024x680)
腐食箇所の修理完了~。
DSC_0068 (1024x680)
仕上げにマスキングしてから、
DSC_0088 (1024x680)
もう一度エッチングプライマーを塗装して、
DSC_0089 (1024x680)
下地塗装をして、
DSC_0099 (1024x680)
フロア関連の下地塗装作業完了~。

次は、フロントタイヤハウス内部の剥離作業になります、
1972y ナローポルシェ911 レストア作業でした~。

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2019/03/14 Thu. 21:30    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード