FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 レストア  

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 、
昨日と今日の作業分~。

暑いけど、作業しないといつまでたっても、
終わらないので。(笑)

左フロントフェンダーの次は、反対の右側の作業から。
DSC_0198 (1024x680)
こちら側も、フェンダー下部、腐ってザクザク状態、、。
DSC_0199 (1024x680)
アルミテープが貼ってあったのだが、
裏側はボロボロで、形が無いし、、。
DSC_0200 (1024x680)
あ~あ、こっちはさらに酷いわ、、。(笑)
DSC_0203 (1024x680)
工場内、扇風機フル稼働の中の作業で、
まずは、ドナーのフェンダーから、部品調達~。
DSC_0204 (1024x680)
同じz31 のフェンダーなのですが、Anniversaryは
ブリスターフェンダー形状なので、形は全然違うのですが、
ゼロから作っているよりは、はるかに楽なので、
これをベースとして作業してます。
DSC_0210 (1024x680)
しかし、いつ見てもドナー車のパーツはサビてないので、
今作業してますAnniversaryより、全然程度良いですわ。
DSC_0212 (1024x680)
まずは、Anniversaryのフェンダーの腐食箇所をカットから。
DSC_0213 (1024x680)
こんな状態ですわ、、。
DSC_0215 (1024x680)
何にも使えないので、とっととお外にポィ、、、。(笑)
DSC_0218 (1024x680)
ここから Anniversary のフェンダー形状に修整作業で、
DSC_0220 (1024x680)
形が合うように、何回も取ったり外したりを繰り返しながら、
地道な作業の元、出来たのがこのパネル。
DSC_0225 (1024x680)
DSC_0228 (1024x680)
形になってしまえば、あとは溶接で取り付けするだけ。
DSC_0231 (1024x680)
暑い中の溶接作業、さらに暑くなりますわ、、。
DSC_0235 (1024x680)
しかし、溶接作業より大変なのが、グラインダーにて削る作業、
これはさらに酷ですわ、、。
DSC_0238 (1024x680)
汗で、顔にも鉄粉がかなり付着してしまうので、
顔も鉄臭いですが、、。(笑)

こうして、出来上がったフロントフェンダー、
DSC_0240 (1024x680)
最後に、純正サイドステップを取り付けして、
DSC_0243 (1024x680)
取り付け位置の確認をして、
DSC_0248 (1024x680)
右側フロントフェンダーの作業完了~。
DSC_0253 (1024x680)
さて、次は何処を作業しようか?

まだあります、腐食箇所。

何時になったら、終わるのかDatsun 300zx 50th Anniversary z31 、
まだ解りませんわ、、。

トホホ状態です、、、。(笑) 。(笑) 。(笑)

カテゴリ: Datsun 300zx Anniversary

[edit]

Posted on 2019/08/12 Mon. 21:05    TB: --    CM: --

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 レストア作業 

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 レストア作業分、
毎日暑いのだが、作業出来る時にしておかないと、
そのままの状態で放置になってしまうので、
この夏期休暇は日々作業で、次に作業したのが、
左フロアサイドパネルの修理。
DSC_0153 (1024x680)
まずは、作業に邪魔なリヤマフラーの取り外しからなのだが、
タイコ部が腐食して穴開き状態なので、撤去作業から。
DSC_0154 (1024x680)
取り外ししたのだが、固定ボルトも錆びていて、ボロボロ状態。
DSC_0180 (1024x680)
DSC_0183 (1024x680)
よって、これはお外にポィ。(笑)

タイコを取り外ししたフロアサイドパネルの状態。
DSC_0188 (1024x680)
リヤ側には腐食による穴開きあり。
DSC_0191 (1024x680)
DSC_0196 (1024x680)
パネルのサビ落として、状態を確認した所、
DSC_0199 (1024x680)
リヤ側の腐食穴開き箇所以外、良好だったので、
腐食箇所をカットして、
DSC_0212 (1024x680)
自宅から運んできた、ドナーパーツから、
DSC_0204 (1024x680)
腐食箇所に使うところのパネルを取り外して、
DSC_0218 (1024x680)
溶接にて取り付けして、
DSC_0223 (1024x680)
溶接部を削り落として出来上がり~。
DSC_0231 (1024x680)
仕上げに、防錆プライマーを塗装して、フロアサイド部完成。
DSC_0235 (1024x680)
続いて作業したのが、左リヤフェンダー後方部の角、
DSC_0237 (1024x680)
どうなっているのだろうと少し突いたら、あれ?
DSC_0244 (1024x680)
ステンレス板が当ててあり、その中は腐食していて穴開き状態、、。
DSC_0255 (1024x680)
DSC_0254 (1024x680)
そのほかの所も、腐食箇所をパテにて埋めてあるし、、。
DSC_0252 (1024x680)
トホホ。
ほんとに色々と問題点あるわ、、。

再度、ドナー車から必要部をカットして、
パネルを取り除いたのだが、
DSC_0283 (1024x680)
DSC_0287 (1024x680)
本当に、ドナー車あって良かった。
DSC_0279 (1024x680)
これらパーツを製作していたら、まだまだ時間要してしまい、
皆さんのお言葉通り、何時動くか解らない状態だったし。(笑)

作業は、ここの部位は、3枚のパネルが重なっている為、
まずは、リヤパネル部をカットしてから、
リヤフェンダーパネルをカットして、
その後に、コーナーパネルの腐食箇所をカット。
DSC_0148 (1024x680)
ドナーからの新たなパネルを、
DSC_0294 (1024x680)
ミグ溶接にて取り付けしてから、
DSC_0150 (1024x680)
DSC_0160 (1024x680)
次に、リヤフェンダーパネルの取り付け。
DSC_0164 - コピー (1024x680)
DSC_0170 (1024x680)
DSC_0178 (1024x680)
その後に、リヤパネルの取り付け。
DSC_0182 (1024x680)
DSC_0262 (1024x680)
DSC_0189 (1024x680)
DSC_0199 - コピー (1024x680)
ここまでの作業を終えた後、テールランプを取り付けして、
位置関係を最終確認して、完成~。
DSC_0211 (1024x680)
フロアパネル関連の腐食箇所の修理や、
DSC_0156 (1024x680)
フロアのサイドフレームの腐食箇所修理まだあるのだが、
DSC_0157 (1024x680)
エンジン、ミッション一式を取外しした後に作業する事になり、
一応は、これでボディ本体部の外装部腐食箇所の修理は終わりです。
DSC_0218 - コピー (1024x680)
追加修理まだ出て来る可能性は多々あると思うのですが、
やっと、次の作業へ取り掛かります。(笑)

カテゴリ: Datsun 300zx Anniversary

[edit]

Posted on 2019/08/16 Fri. 20:42    TB: --    CM: --

スカイラインR32 GT-R 

取引のある損害保険代理店の方のR32 GT-R、
DSC_0393 (1024x680)
以前にも紹介したのですが、
旧車ブームに乗ろうと、投資目的にて購入した車。(笑)。(笑)。(笑)

平成2年式なのですが、走行2万キロ弱のオーディオ以外完全ノーマル車で、
DSC_0421 (1024x680)
完全ディーラー管理で、2オーナー車
DSC_0417 (1024x680)
ナンバーも、福井33です。
DSC_0397 (1024x680)
ここまで低走行で、ノーマルの32GT-R、
まだある所には、あるのですね。

当時は、みんな最低足回りやマフラーは最低変えて、
乗っていたもんで、沢山のチューニングカーのドレスアップや、
沢山事故修理をしていたのが、今となってはとても懐かしい車。

その中で、フロントバンパーのニスモダクトなんか、
何個穴開け加工して、塗装したか。

あと、32GT-Rと言えば、当時よくやった作業が発砲ウレタンの注入。

ステップの中どころか、フレームの中まで全部の空洞を
発砲ウレタンを流し込んだドラックマシンも思い出した。

パワー出て来ると、ゼロヨンで真っ直ぐ安定して走らなかったので、
思い返せば、なんでもありの時代だった。(笑)

この作業依頼は、リヤバンパーの修理。
DSC_0401 (1024x680)
過去に補修塗装の跡が、艶引きしてしまっているので、
DSC_0404 (1024x680)
リヤバンパー外そうとトランク開けたら、何やら大量の毛布が、、。
DSC_0423 (1024x680)
車を大切に扱っていたのは解るのですが、
この猛暑の中、分厚い毛布を見るとたまらんですわ。(笑)

昔を思い出して、リヤバンパー取り外し後、
DSC_0432 (1024x680)
DSC_0440 (1024x680)
サンディングにて、補修してある塗膜を削り落として、
DSC_0444 (1024x680)
DSC_0446 (1024x680)
バンパーに付いていた他のキズを、パテにて修整してから、
DSC_0449 (1024x680)
塗装ブースの中で、バンパーを下地塗装~。
DSC_0457 (1024x680)
DSC_0460 (1024x680)
乾燥後に、サフェサーをサンディングしてから、
再度塗装ブースの中に入れて、スタンドックスにて上塗り塗装~。
DSC_0365 (1024x680)
DSC_0377 (1024x680)
塗膜乾燥後に、バンパーを取り付けして、
DSC_0421 - コピー (1024x680)
リヤバンパー修理塗装の作業完了~。
DSC_0428 (1024x680)
DSC_0431 (1024x680)
次に作業したのが、右ドアロックのストライカー交換。
DSC_0522 (1024x680)
ストライカーの金属部を覆っているカバーの損傷で、
DSC_0526 (1024x680)
ドアの閉まりが悪くなり、半ドアになります。

走行キロから見ますと、ストライカーが損傷するとは考え難いので、
走らずに車の中に、多々乗り込んでいたのでしょうか?(笑)

新品部品と交換しようとした所、
DSC_0528 (1024x680)
クロメートメッキから、ユニクロメッキに変わっており、
色が変わってしまっていたので、
DSC_0536 (1024x680)
右ドアも同時交換で、
DSC_0564 (1024x680)
作業完了した、32GT-Rでした。

カテゴリ: R32 GT-R

[edit]

Posted on 2019/08/23 Fri. 20:58    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

ハコスカ GT-R フルレストア作業、
剥離終えたダッシュボードフレームを、
DSC_0464 (1024x680)
研磨にて、ピカリ仕上げ~。
DSC_0481 (1024x680)
DSC_0511 (1024x680)
中の面も綺麗にピカリ仕上げに。
DSC_0497 (1024x680)
DSC_0495 (1024x680)
研磨終えたら塗装ブース内で、まずは
エッチングプライマーにて下処理塗装してから、
DSC_0519 (1024x680)
DSC_0526 (1024x680)
DSC_0524 (1024x680)
イージーフィラーにて下地塗装仕上げ~。
DSC_0551 (1024x680)
DSC_0535 (1024x680)
DSC_0542 (1024x680)
同時に作業したのが、灰皿。
DSC_0325 (1024x680)
スライドさせる本体部や、
灰皿内部に着くリフレクター部がスチール製で出来ており、
その部分が錆びていて汚かったので、分解してスチール部だけを取り出し、
ダッシュフレームブラケットと一緒に
DSC_0143 (1024x680)
DSC_0146 (1024x680)
サンドブラストにて仕上げ~。
DSC_0150 (1024x680)
DSC_0155 (1024x680)
その後、他のパーツ同様エッチングプライマーにて下処理後、
DSC_0161 (1024x680)
DSC_0170 (1024x680)
下地塗装へ~。
DSC_0187 (1024x680)
DSC_0185 (1024x680)
DSC_0181 (1024x680)
DSC_0177 (1024x680)
下地塗装終えたパーツ類、
DSC_0287 (1024x680)
DSC_0285 (1024x680)
DSC_0387 (1024x680)
まずはダッシュフレームから塗装で、半艶消しブラックでの塗装~。
DSC_0295 (1024x680)
DSC_0313 (1024x680)
DSC_0304 (1024x680)
灰皿においては、元色に調色して塗装~。
DSC_0404 (1024x680)
DSC_0405 (1024x680)
完成した灰皿、
DSC_0500 (1024x680)
DSC_0494 (1024x680)
これにて、たぶん禁煙車になると思います。(笑)

ダッシュフレームは、
DSC_0437 (1024x680)
まずは、ダッシュパット取り付けして、
DSC_0453 (1024x680)
DSC_0454 (1024x680)
新品ハーネスを取り付け~。
DSC_0148 (1024x680)
これでダッシュボード関連の作業まで完了した、
KPGC10 ハコスカでした。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2019/08/27 Tue. 20:38    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード