FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

1972y ナローポルシェ911 レストア作業 

1972y ナローポルシェ911 レストア作業、
剥離を終えたボディ本体を、
DSC_0384 (1024x680)
作業的には、剥離箇所の研磨作業にて、
ピカピカ仕上げに。
DSC_0309 (1024x680)
素地鋼板の色は、磨き上げると金属特有の鈍い光沢。
DSC_0356 (1024x680)
DSC_0365 (1024x680)
DSC_0361 (1024x680)
DSC_0363 (1024x680)
ただ、こうした研磨作業、猛暑の中作業したのだが、
やはり冬場の方がベストかも。
DSC_0353 (1024x680)
すべてがサンダーが使えるのではないので、
細かなところの仕上げは最終的には手作業なので、
暑いとやはり根気が続きませんわ、、。
DSC_0334 (1024x680)
休み休み作業続けて行くのですが、
当然、休憩時間が長くなります、、。(笑)
DSC_0326 (1024x680)
とにかく隅々まで仕上げて、こんな感じまで仕上ます。
DSC_0316 (1024x680)
DSC_0314 (1024x680)
DSC_0321 (1024x680)
その後は、塗装ブース内でマスキングしてから、
DSC_0429 (1024x680)
DSC_0427 (1024x680)
素地金属に対して、
DSC_0416 (1024x680)
スタンドックス エッチングプライマーにて下処理塗装~。
DSC_0450 (1024x680)
DSC_0490 (1024x680)
隅々まで、均等な塗膜にての仕上げ。
DSC_0478 (1024x680)
DSC_0467 (1024x680)
DSC_0448 (1024x680)
DSC_0486 (1024x680)
プライマー乾燥後に、下地塗装として
スタンドックス イージーフィラーを塗装~。
DSC_0497 (1024x680)
DSC_0494 (1024x680)
DSC_0502 (1024x680)
DSC_0516 (1024x680)
DSC_0513 (1024x680)
DSC_0520 (1024x680)
DSC_0511 (1024x680)
DSC_0503 (1024x680)
これでボディ本位部、すべて下地塗装まで完成した
ナローポルシェ 911、
DSC_0143 (1024x680)
DSC_0149 (1024x680)
DSC_0157 (1024x680)
DSC_0173 (1024x680)
DSC_0174 (1024x680)
やっとここまで仕上がりました~。(笑)
スポンサーサイト



カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2019/09/02 Mon. 21:22    TB: --    CM: --

臨時休業について 

誠に勝手ながら、9/4(水)は、臨時休業とさせて頂きます。

1536914862臨時休業

ボディショップ シラサキ

カテゴリ: お知らせ

[edit]

Posted on 2019/09/02 Mon. 21:30    TB: --    CM: --

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 レストア作業 

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 レストア作業分、
自分の車なので、休日を主として作業しているのですが、
作業を始めてもう2年が経過しており、
最初にパネル交換した所なんか、うっすらとサビが出て来てます、、。
DSC_0012 (3) (1024x680)
一応サビ対策として、簡易的に透明色のサビ止め塗料を、
塗ってあったのですが、このまままにしておくのは宜しくないので、
ここでいったん修理した箇所を、プライマーを塗装しようとなったのですが、
まずは、フロントピラーのサビ落とし作業から。
20181230200251afe_201909091958122e7.jpg
表面的なサビばかりなので研磨にて辞去作業~。
DSC_0024 - コピー (1024x680)
左側も同様になっていたので、研磨~。
DSC_0030 (3) (1024x680)
ワイパーカウルにも色々とサビあったので、
DSC_0003 - コピー (1024x680)
DSC_0008 (2) (1024x680)
DSC_0015 (2) (1024x680)
全面研磨作業~。
DSC_0035 (2) (1024x680)
他の切り継ぎパネル交換した所も、サンディングして、
DSC_0027 (2) (1024x680)
DSC_0026 (3) (1024x680)
DSC_0022 (3) (1024x680)
塗装ブース内で、マスキング後、
DSC_0036 - コピー (1024x680)
防錆プライマーを塗装~。
DSC_0041 (2) (1024x680)
DSC_0044 (2) (1024x680)
DSC_0050 (2) (1024x680)
DSC_0052 (2) (1024x680)
DSC_0038 (3) (1024x680)
DSC_0061 (2) (1024x680)
DSC_0057 (2) (1024x680)
この先の作業は、プライマーの上からパテ作業になり、
まずはパネル表面の防錆処理完了。

ここで、外装付属部品の残り取り外ししようと、
クォーターガラスの取り外しへ~。
DSC_0132 (1024x680)
今の車だと、接着剤にて貼り付けされているのだが、
この年代のクォーターガラスは、硬化しないブチルゴムで接着固定。

取り外しにはドライヤー等で熱を加えながら、
ブチルゴムを柔らかくして、取り外しするのですが、
ここ最近は、猛暑の常温熱により、何もしなくても
ガラスを手で押すだけで外れて来ます。
DSC_0140 (1024x680)
DSC_0149 (1024x680)
DSC_0137 (1024x680)
ただ、取った後のトロリと柔らかいプチルゴム、
DSC_0140 (1024x680)
DSC_0150 (1024x680)
DSC_0138 (1024x680)
辞去作業するのに、シンナー等で拭き作業にてするのですが、
暑さにより、ブチルゴムがトロトロになってますので、
二チャニチャと手は真っ黒になるわ、最悪の事態での作業での清掃、、。
DSC_0158 (1024x680)
DSC_0154 (1024x680)
しかも、綺麗になったと思ったら、
あれ?
またサビ発見、、、。
DSC_0156 (1024x680)
DSC_0162 (1024x680)
ホント、色々と問題ありますわ、、。(笑)

カテゴリ: Datsun 300zx Anniversary

[edit]

Posted on 2019/09/09 Mon. 20:50    TB: --    CM: --

ミニ ドアアウターパネル交換 

ローバー ミニのドア、
DSC_0146 (1024x680)
ドア下部にサビ、
DSC_0150 (1024x680)
DSC_0149 (1024x680)
インナー側もこんな状態、、。
DSC_0155 (1024x680)
DSC_0153 (1024x680)
DSC_0154 (1024x680)
こうなると、作業的にはドア交換になるのだが、
今回は、アウターパネルのみの交換。
DSC_0201 (1024x680)
DSC_0205 (1024x680)
インナー側のパネルは使い、一番外側のパネル交換作業なのだが、
昔、日産の下請け工場勤務していた頃、
当時、ブルーバード910やパルサーのドアアウターパネル交換を、
よく作業していたのだが、その時の技術がまた必要になるとは、、。(笑)

実に35年ぶりのドアアウターパネル交換、
過去の作業手順を思い出しながら、
さくっと、アウターパネルの取り外し~。
DSC_0174 (1024x680)
DSC_0164 (1024x680)
取り外ししたアウターーパネル、
DSC_0157 (1024x680)
下側はこんな状態、、、。
DSC_0158 (1024x680)
ドアインナー側、アウターパネル折り返し部のツメ部も
こんな状態、、。
DSC_0180 (1024x680)
DSC_0166 (1024x680)
アウターパネル取り付けする前に、インナーパネルのサビ辞去してから、
DSC_0189 (1024x680)
2液型防錆プライマーを塗装して、下処理。
DSC_0216 (1024x680)
DSC_0220 (1024x680)
DSC_0221 (1024x680)
次に、アウターパネルに開いているドアミラー穴を溶接にて埋めてから、
DSC_0209 (1024x680)
アウターパネルの折り返し部のツバを折り返して曲げて取り付け。
DSC_0241 (1024x680)
DSC_0227 (1024x680)
DSC_0247 (1024x680)
DSC_0242 (1024x680)
その後、ヒビ割れた電着塗装部をサンディングして、
DSC_0316 (1024x680)
DSC_0318 (1024x680)
素地金属部に対して、
DSC_0323 (1024x680)
DSC_0325 (1024x680)
スタンドックス エッチングプライマーにて下処理塗装後、
DSC_0338 (1024x680)
DSC_0341 (1024x680)
DSC_0334 (1024x680)
スタンドックス イージーフィラーを下地塗装して、
DSC_0343 (1024x680)
DSC_0351 (1024x680)
DSC_0349 (1024x680)
ミニ ドアアウターパネル交換完了~。

カテゴリ: ミニ ドアアウターパネル交換

[edit]

Posted on 2019/09/12 Thu. 21:09    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア  

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業、
次に作業したのはステアリング関連のパーツ塗装。
DSC_0047 (1024x680)
整備工場の方で全バラされた各パーツでの持ち込みなのだが、
これらパーツが、グリスの付着が酷い状態、、。
DSC_0048 (1024x680)
DSC_0061 (1024x680)
ボックス内部にもグリスが蓄積してるし、、。
DSC_0066 (1024x680)
塗装作業において、油分は辞去が鉄則なので、
DSC_0080 (1024x680)
これらパーツは、灯油の中にドボン~。
DSC_0072 (1024x680)
残りのパーツの状態は、シャフトが簡易的な塗装がしてあり、
キズだらけ。
DSC_0052 (1024x680)
プレートにはサビあり状態で、
ハンガーはキズあるが、特に問題なし。
DSC_0078 (1024x680)
DSC_0076 (1024x680)
作業的には、灯油に漬けたあったパーツ、
2日程度置いておいたら、こんな汚い色になった灯油。
DSC_0002 (1024x680)
仕上げに各パーツをナイロンブラシにて、
汚れ落としして、取り出した各パーツ。
DSC_0004 (1024x680)
綺麗にはなったのだが、灯油の臭いだけ残った感じ。(笑)
DSC_0007 (1024x680)
この先はお決まりのサンドブラストをするのだが、
内部にメディアが入り込むとまずいので、
DSC_0015 (1024x680)
マスキング作業してから、
DSC_0017 (1024x680)
DSC_0018 (1024x680)
サンドブラスト処理~。
DSC_0022 (1024x680)
DSC_0020 (1024x680)
DSC_0026 (1024x680)
シャフトは、ペーパーにて旧塗膜を落として、
残りの細かなパーツは、サンドブラスト仕上げにて、
DSC_0083 (1024x680)
DSC_0086 (1024x680)
旧塗膜落とし作業、完了~。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2019/09/18 Wed. 21:28    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード