FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

1972y ナローポルシェ911 フルレストア 作業 

1972y ナローポルシェ911 フルレストア 作業、
RSフェンダーを溶接により取り付けした裏面からの作業。
DSC_0051 (1024x680)
DSC_0053 (1024x680)
溶接の熱で焼けた所を、サンディングしてから、
DSC_0092 (1024x680)
DSC_0082 (1024x680)
塗装ブース内に移動後、
DSC_0093 (1024x680)
ジャッキにて車本体を上げた状態で、マスキングして、
DSC_0112 (1024x680)
裏面の素地金属部に、スタンドックス エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_0100 (1024x680)
DSC_0098 (1024x680)
イ-ジーフィラーにて下地塗装~。
DSC_0122 (1024x680)
DSC_0117 (1024x680)
見えない所だと言ってしまえばそれまでなのだが、
ナローポルシェの場合、フェンダーライナーなど一切なしの
剥き出し状態でなので、しっかりとした下地重要です。

裏面作業終了後、次は表面の作業へ。
DSC_0128 (1024x680)
DSC_0127 (1024x680)
サンディング作業後、
DSC_0135 (1024x680)
DSC_0144 (1024x680)
DSC_0146 (1024x680)
またまた塗装ブースに移動して、
DSC_0155 (1024x680)
マスキング後、
DSC_0167 (1024x680)
DSC_0163 (1024x680)
素地金属に対して、お決まりのエッチングプライマーして下処理後、
DSC_0174 (1024x680)
DSC_0175 (1024x680)
DSC_0187 (1024x680)
DSC_0188 (1024x680)
リヤフェンダーをイージーフィラーにて下地塗装へ~。
DSC_0208 (1024x680)
DSC_0211 (1024x680)
DSC_0213 (1024x680)
DSC_0218 (1024x680)
DSC_0220 (1024x680)
これで、誰が見てもポルシェらしくなってきました。
DSC_0232 (1024x680)
次は、リヤウイングの作業に取り掛かりますよ~ん。
スポンサーサイト



カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2020/07/06 Mon. 21:07    TB: --    CM: --

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 

Datsun 300zx 50th Anniversary z31、
リヤゲート取り付け部のサビ落し作業から。
DSC_0064 (1024x680)
研磨して見たところ、全部鋼板表面のサビだったので、
ピカピカに研磨作業で完了~。
DSC_0069 (1024x680)
同時に、フロントウィンドガラス開口部の接着剤を取り除いて、
DSC_0073 (1024x680)
パネル鋼板表目にあったサビも研磨~。
DSC_0080 (1024x680)
この後は、サンディング作業後、
DSC_0086 (1024x680)
塗装ブース内に移動して、
DSC_0089 (1024x680)
DSC_0092 (1024x680)
マスキングしてから、
DSC_0095 (1024x680)
DSC_0099 (1024x680)
DSC_0103 (1024x680)
DSC_0107 (1024x680)
DSC_0108 (1024x680)
DSC_0110 (1024x680)
素地鋼板のところに、スタンドックス エッチングプライマーにて下処理後、
DSC_0114 (1024x680)
DSC_0117 (1024x680)
DSC_0123 (1024x680)
DSC_0127 (1024x680)
DSC_0128 (1024x680)
スタンドックス イージーフィラーにて下地塗装へ~。
DSC_0141 (1024x680)
DSC_0135 (1024x680)
DSC_0137 (1024x680)
DSC_0145 (1024x680)
DSC_0147 (1024x680)
DSC_0152 (1024x680)
おなじみの色になったDatsun 300zx 50th Anniversary z31、
DSC_0159 (1024x680)
だいぶん形に出来たわ、、。

しかし、作業始めて何年経つのだろうか?

まだまだ続きます、、、。(笑)

カテゴリ: Datsun 300zx Anniversary

[edit]

Posted on 2020/07/13 Mon. 21:16    TB: --    CM: --

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア作業 

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア作業、
DSC_0374 (1024x680)
ここからは塗装工程になるのですが、
その前に再度、下地の確認の為サンディングから。

目視で見やすくするため、黒色のガイドコートを塗布して、
DSC_0370 (1024x680)
確認しながらのサンディング。
DSC_0385 (1024x680)
前回サフェサー塗装したのが随分前なので、
パテの泡噴き等の問題点ないのかを確認作業のもと、
まずはボディ本体をサンディング~。
DSC_0016 (1024x680)
サンディング終えたら、塗装ブース内に車移動して、
DSC_0071 (1024x680)
マスキング後、イージーフィラーにて下地塗装~。
DSC_0121 (1024x680)
DSC_0128 (1024x680)
DSC_0134 (1024x680)
DSC_0131 (1024x680)
同様に左右ドアも作業へ。
DSC_0160 (1024x680)
逆アールが多いので、手研ぎにての作業。
DSC_0161 (1024x680)
トランクも研磨して、
DSC_0171 (1024x680)
塗装ブース内で、下地塗装へ~。
DSC_0191 (1024x680)
DSC_0193 (1024x680)
DSC_0195 (1024x680)
DSC_0196 (1024x680)
最後にボンネット、
DSC_0259 (1024x680)
DSC_0261 (1024x680)
左右フロントフェンダーを作業して、
DSC_0255 (1024x680)
DSC_0256 (1024x680)
下地塗装へ~。
DSC_0291 (1024x680)
DSC_0292 (1024x680)
DSC_0295 (1024x680)
DSC_0293 (1024x680)
最後に、車側に各パネル仮付けして、
DSC_0165 (1024x680)
下地最終確認完了~。

この先は、気候が夏なので、ちょっと涼しくなる頃まで乾燥後、
上塗り予定になっております。

あと、同じ色の車が3台並んだので、記念撮影~。
DSC_0166 (1024x680)
昭和の車、とても良い雰囲気ありますね。(笑)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/07/17 Fri. 20:43    TB: --    CM: --

梅雨 

最近の気候、ぼぼ曇りか雨の日ばかり、、。

色合わせの調色には、困った天気なのだが、
こんな中、日々助かっているのか気温で、
塗装していても、ブース内の温度は26度程度なので、
いたって快適。
DSC_0631 (1024x680)
毎年恒例の汗疹も、まだないし、、。(笑)

このまま夏終わってくれないかな~。

カテゴリ: 日記

[edit]

Posted on 2020/07/18 Sat. 20:21    TB: --    CM: --

R33 スカイライン GT-R サビ修理 

R33 スカイライン GT-R サビ修理、
各部修理作業の前に、タイヤハウス内部に塗装されています
白色のアンダーコートの塗装の辞去作業で、
まず最初に右リヤタイヤハウス内部から。
DSC_0250 (1024x680)
このような感じで、タイヤハウス内部に、
ぼぼ全面に塗装されており、
DSC_0221 (1024x680)
DSC_0254 (1024x680)
この状態では下がどうなっているのか全く解らないのと、
1液性の塗膜を残して、この上から作業するのも不安なので、
このアンダーコートを全部取り除く事にしたのだが、
今回は剥離剤は使えないので、地道にシンナーを含ませたウエスで、
ゴシゴシと拭き取りによる作業で、辞去する事に、、。
DSC_0338 (1024x680)
なんとか取れるのには取れるのですが、
この季節柄高温の為、シンナーが気化するのも早く、
その分臭いも酷いので、かなりの重労働のもと、
ここまで拭き取りました。
DSC_0280 (1024x680)
こうしたところ、新車時のアンダーコートにつきましては、
そのままの状態で残りますが、
内部塗装につきましては、簡易的な塗装のため、
塗膜も薄膜での仕上げで、ラッカー系の塗料なので、
シンナ-で拭きますと一緒に取れてきてしまいます。
DSC_0283 (1024x680)
拭き取った状態で確認しますと、
まず、フロント側タイヤハウス内部にサビあり。
DSC_0349 (1024x680)
ストラット上部側にも、サビ確認。
DSC_0351 (1024x680)
燃料パイプ固定部ブラケットには腐食あり、
アース線は腐食により断線して一部無し。
DSC_0268 (1024x680)
DSC_0343 - コピー (1024x680)
下側からの状態。
固定ブラケット腐食しており、ありません、、。
DSC_0357 (1024x680)
リヤ側タイヤハウス、インナー側は一部腐食あり、、。
DSC_0340 (1024x680)
他にも、所々サビの箇所あり。
DSC_0356 (1024x680)
DSC_0359 (1024x680)
これだけのサビが、アンダーコートにてサビの上から
覆い被せられていました。

ちなみに、アンダーコートにはサビに対する防錆効果はないです。

続いて反対側の左側リヤタイヤハウス内部。
DSC_0219 (1024x680)
右リヤ同様、アンダーコートがたっぷりと塗装あり。
DSC_0221 (1024x680)
DSC_0229 (1024x680)
DSC_0222 (1024x680)
DSC_0225 (1024x680)
拭き取り作業で辞去した状態。
DSC_0089 (1024x680)
DSC_0032 (1024x680)
DSC_0094 (1024x680)
DSC_0095 (1024x680)
確認しますと、左側においては、
これだけサビの箇所ありました。
DSC_0037 (1024x680)
DSC_0038 (1024x680)
DSC_0034 (1024x680)
DSC_0045 (1024x680)
続いて、フロア裏面。
DSC_0119 (1024x680)
ここにも、アンダーコート塗装されておりましたので、辞去したところ、
DSC_0199 (1024x680)
初期的なサビ箇所あり。
DSC_0203 (1024x680)
DSC_0206 (1024x680)
同時に、左フロアサイドパネルも作業。
DSC_0220 (1024x680)
DSC_0221 - コピー (1024x680)
右側については、何も塗装されていなかったので、作業はなし。(笑)
DSC_0046 (1024x680)
こうした所の作業、アンダーコート塗装するのは簡単だけど、
辞去しようとすると、かなりの手間暇かけての作業となっており大変。

続いて、フロント側タイヤハウスにもアンダーコート塗装されておりますので、
辞去作業続けて行きますよ~ん。
DSC_0225 - コピー (1024x680)

カテゴリ: R33 スカイライン GT-R 

[edit]

Posted on 2020/07/20 Mon. 21:14    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード