FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
剥離を終えた三角窓のドアサッシュ、
DSC_1605 (1024x680)
左右共、あっちこっちにサビ発生しておりましたので、
DSC_1606 (1024x680)
DSC_1608 (1024x680)
DSC_1613 (1024x680)
サンドブラストにてサビ落とし作業~。
DSC_0011 (1024x680)
スナップオンのキャビネット一杯の大きさで、
何とか入って隅々までブラスト作業出来た。(笑)
DSC_0013 (1024x680)
DSC_0015 (1024x680)
DSC_0018 (1024x680)
DSC_0023 (1024x680)
この状態からさらに研磨して、
DSC_0028 (1024x680)
DSC_0029 (1024x680)
残りの細かなパーツも両面ブラスト作業して、
DSC_0071 (1024x680)
DSC_0074 (1024x680)
下地塗装へ~。
DSC_0037 (1024x680)
DSC_0041 (1024x680)
DSC_0054 (1024x680)
DSC_0119 (1024x680)
この小さなパネルは、両面塗装しなくてはならなのですが、
一度に両面塗装する事は無理な為、片面塗装後に、
DSC_0118 (1024x680)
乾燥後させてから裏面を仕上げ~。
DSC_0149 (1024x680)
DSC_0160 (1024x680)
下地塗装後サビ凹み箇所をパテにて面修整してから、
DSC_0187 (1024x680)
DSC_0188 (1024x680)
DSC_0200 (1024x680)
再度下地塗装工程で、
DSC_0205 (1024x680)
このドアサッシュ、かなりの手間暇要して仕上げておりますわ、、。(笑)

引き続き作業します。
スポンサーサイト



カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2021/03/01 Mon. 20:26    TB: --    CM: --

トヨタ マークX 

トヨタ マークX、
DSC_0054 (1024x680)
DSC_0062 (1024x680)
リヤバンパ-を、純正部品のG'sへの交換作業。
DSC_0123 (1024x680)
塗装済みの部品なので、ポン付け交換作業なのだが、
問題点はソナーの取り付け。
DSC_0060 (1024x680)
純正部品のG'sにはソナー穴が開いているバンパーはないので、
DSC_0121 (1024x680)
取り付けする場合には、新たに開ける作業が必要。
DSC_0058 (1024x680)
こういった穴開け作業、簡単そうに思えるかもしれませんが、
取り付け位置出しも含め、綺麗な丸を開けたりと結構難題点アリです、、。

まず最初に、元々付いてます4個ソナーの位置を測定後、
DSC_0116 (1024x680)
バンパーを取り外しして、
DSC_0125 (1024x680)
G'sのバンパーを仮付けして、
DSC_0127 (1024x680)
ソナーの位置出し後、
DSC_0141 (1024x680)
4箇所、穴開け作業へ~。
DSC_0144 (1024x680)
DSC_0148 (1024x680)
バンパー裏面に付くソナーブラケット、新品部品が欠品の為、
古いバンパーからソナーのブラケットを4個取り外しして、
古い両面テープの糊跡の除去、なかなかとれなくて大変、、。
DSC_0163 (1024x680)
何とか4個綺麗に取り終えて、
DSC_0167 (1024x680)
使用する両面テープの厚みを測定。
DSC_0172 (1024x680)
両面テープの厚みで、ソナー表面の出が変わりますので、、、。
DSC_0173 (1024x680)
DSC_0197 (1024x680)
厚みが決まったら、両面テープにて4個ブラケットを貼り付けするのですが、
DSC_0174 (1024x680)
DSC_0176 (1024x680)
暑い夏場に、両面テープが取れてしまうと大変な事になりますので、
補強としてさらに、裏側から補強マットを使って接着剤にて貼り付け。
DSC_0179 (1024x680)
DSC_0182 (1024x680)
これで取れる心配ないです。

あとはバンパーの付属部品を取り付けして、
DSC_0216 (1024x680)
DSC_0222 (1024x680)
車側に取り付けして、完成~。
DSC_0226 (1024x680)
DSC_0241 (1024x680)
DSC_0230 (1024x680)
左右均等に真っ直ぐ元の位置に取り付け完了です。
DSC_0247 (1024x680)
完成してしまえば、誰も後から取り付けしたのは解らないと思うのですが、
色々な事を考えさせられた作業でありましたが、何とかなって良かったです。(笑)

カテゴリ: トヨタ マークX

[edit]

Posted on 2021/03/03 Wed. 21:19    TB: --    CM: --

スズキ 隼 カウル修理 

スズキ 隼 カウル修理依頼、
DSC_0002 (1024x680)
擦り傷がメインの修理。
DSC_0003 (1024x680)
2箇所ボルト頭のような突き上げ箇所もあり。
DSC_0009 - コピー (1024x680)
まずは、突き上げ箇所の変形を加熱して修整後、
DSC_0020 (1024x680)
カウル裏面の損傷部が薄くなっているので、
DSC_0011 (1024x680)
接着剤で補強~。
DSC_0023 (1024x680)
表面のキズはサンディングして、
DSC_0027 (1024x680)
パテにて面修整。
DSC_0088 (1024x680)
DSC_0150 (1024x680)
作業的にはバンパーの修理と全く同じ工程で、
下地仕上げにはサフェサーを塗装~。
DSC_0156 (1024x680)
DSC_0158 (1024x680)
ここからは塗装工程で、まずは調色からなのですが、
スタンドックスの場合、測色機にてカウルの色を測ったら、
配合データーあり。
DSC_0333 (1024x680)
原色の組み合わせ、解るだけでも助かります。(笑)
DSC_0200 (1024x680)
あと、調色時に判ったのですが、色の剥がれ箇所あったので、
DSC_0203 (1024x680)
サンディングして
DSC_0206 (1024x680)
再度、サフェサーを塗装。
DSC_0213 (1024x680)
ここからは上塗り工程で、今回は下色のみの塗装のため
上色をマスキング~。
DSC_0249 (1024x680)
塗装の色分けのマスキングはには、ラインテープを使っての作業で、
DSC_0256 (1024x680)
DSC_0259 (1024x680)
上塗り塗装仕上げ後、
DSC_0263 (1024x680)
DSC_0270 (1024x680)
すぐ剥がす必要があるので、
強制乾燥させる前にラインテープを剥がす事。
DSC_0275 (1024x680)
DSC_0278 (1024x680)
DSC_0284 (1024x680)
塗膜乾燥後にテープを剥がすと、綺麗にならない所で、
剥がすタイミングは経験ですわ。(笑)

これで完成で、お客様へお渡しです。
DSC_0303 (1024x680)
DSC_0305 (1024x680)
** バイクパーツの修理塗装につきましては、
基本的に作業出来ますが、パーツ単体になっている事が条件で、
当社で部品の脱着やバイク本体のお預かりは出来ませんので、
ご了承お願いします。

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2021/03/08 Mon. 20:37    TB: --    CM: --

Mercedes-Benz G-Class 

現行型 Mercedes-Benz G-Classのパーツ塗装作業依頼。
DSC_0314 (1024x680)
何処に使うパーツなのかと聞くと、バックドアに付いてます
背面スペアタイヤを取り外して、ブラケットも取り外した時に使う蓋。

昔の言葉で言うならば、スムージング仕様にするパーツ。

塗装にあたりパーツを見ますと、裏側に廻り込んでますツバがあり、
DSC_0317 (1024x680)
ただ単に台に置いて塗装しますと、裏側が塗装出来なくなる様です、、。
DSC_0319 (1024x680)
サフェサーは塗装済みのパーツだったので、
通常作業通りサンディングしてから、
DSC_0321 (1024x680)
塗装するのですが、裏ツバの事を考えて台の上にセット。
DSC_0331 (1024x680)
DSC_0328 (1024x680)
こうした所、適当に固定しますとスプレー時のエアー圧で動いたりして、
塗装失敗原因になりますので、しっかりと固定して、
DSC_0322 (1024x680)
スタンドックスにて上塗り塗装~。
DSC_0339 (1024x680)
DSC_0337 (1024x680)
裏ツバも艶出してヌメヌメに仕上がっております。(笑)
DSC_0342 (1024x680)
こうした小さなパーツ塗装でも、それなりに工夫必要であります。

カテゴリ: Mercedes-Benz G-Class

[edit]

Posted on 2021/03/16 Tue. 20:32    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
ドアサッシュの上塗り塗装から。
DSC_0001 (1024x680)
艶消しブラックでの塗装~。
DSC_0003 (1024x680)
ガラスゴムの溝や、ガラスランのレール溝まで、
隅々まで綺麗に上塗り塗装。
DSC_0004 (1024x680)
あと、一緒に細々としたパーツ類も塗装済み。
DSC_0015 (1024x680)
DSC_0018 (1024x680)
DSC_0020 (1024x680)
三角窓ガラスの水切りレールは、両面塗装する必要あるので、
手間ではあるのですが、まず片側を塗装して仕上げた後、
DSC_0026 (1024x680)
塗膜乾燥後、塗装面をマスキングしてから、
IMG_3974 (768x1024)
裏側にあたる面を再度塗装~。
DSC_0030 (1024x680)
両面一緒に塗装できれば良かったのですが、
理論的に無理なので、手間掛かりますがこの方法で塗装。

ちなみに、両面丸見えであります。

上塗り塗装後、各部品組み付けで、
まずは三角窓ガラスの清掃から。
DSC_0096 (1024x680)
DSC_0097 (1024x680)
コンパウンドでガラス面を磨き工程へ~。
DSC_0101 (1024x680)
Rなので無色透明ガラスです。

まずは、三角窓ガラスにレールを組み上げて、
DSC_0112 (1024x680)
DSC_0117 (1024x680)
DSC_0120 (1024x680)
日産純正ウェザーストリップを使っての組み付け作業。
DSC_0136 (1024x680)
こうした部品、純正部品が一番クォリティ良いので、
今こうしてパーツがあるのはお宝ですね。
DSC_0137 (1024x680)
こうして組み上げた三角窓ガラスレール、
DSC_0205 (680x1024)
DSC_0207 (1024x680)
DSC_0210 (680x1024)
DSC_0212 (1024x680)
完成です。(笑)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2021/03/19 Fri. 20:43    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード