ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

フロントスポイラー 修理塗装 

ポルシェ911(997)GT-3のフロントスポイラー修理。
s-dc0713172.jpg
純正部品カップ用スポイラーなのだが、擦りキズ多数あり。
s-dc0713177.jpg
修理する上で一番困ったのが、たぶんPP製の材質だとは思うのだが、
クネクネと自由に形が変わりスポイラーが折れ曲がろうとする事。

バンパーにはめ込むと、全体が固定される事により
それなりに強度も出るのだろうが、いずれにしろ修理においては
軟質材質での修理方法で作業しないと、修理後に簡単に
色割れや剥がれが生じる所。

まずは、キズの所をサンディングして
s-dc0713194.jpg
s-dc0713196.jpg
バンパー用の柔軟性あるパテ付け。
s-dc080303.jpg
パテ研ぎ後、全体をサンディングして
s-dc080332.jpg
s-dc080334.jpg
サフェサーを塗装。
s-dc080343.jpg
s-dc071809.jpg
使用したのは、スタンドックスのプラスチックプライマーサフェサー。

柔軟性のあるプラスチック用の軟化剤入りの2液サフェサー。
s-dc080339.jpg
s-dc080340.jpg
こうした柔軟性のあるパーツの塗装方法は、通常通りベースコート塗装後、
塗膜に柔軟性をもたせるため、クリスタルクリヤーに、
スタンドックスのソフトナーを30%混ぜたクリヤーにての塗装。
s-dc071814.jpg
s-dc071825.jpg
s-dc071821.jpg
s-dc071818.jpg
こうした、塗膜に軟化性を持たせた塗料、
すべての材料が非常に初期乾燥が悪いので、
結構塗りにくいのと、作業性が悪い塗装方法なのだが、
適格に作業しないと、塗装後に簡単に色割れ、剥がれ生じます。
スポンサーサイト

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2012/08/03 Fri. 22:24    TB: 0    CM: 0

トラックバック

トラックバックURL
→http://bsshirasaki.blog118.fc2.com/tb.php/1581-7f5c9adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード