FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

フェラーリ F355 

各塗装を終えたパーツを車側に取り付けして
s-dc0930102.jpg
s-dc0930108.jpg
外板パネルを取付完了後、塗装時に付着した細かいゴミ取り作業。
s-dc100661.jpg
3000番のペーパー目をコンパウンドでの磨きで消して行く工程で
まずはマスキングしてから、磨き作業。
s-dc100665.jpg
これだけの範囲でも磨き工程は半日程度作業時間を要して完成。
s-dc100677.jpg
スタンドックスのクリスタルクリヤーはとても塗膜が固いため、
磨きにおいてはゴミ取りに時のペーパー目を消す作業で、
決して塗膜の光沢を上げる為の作業ではないです。

磨き工程後に、残りのパーツを取り付けして
細かいキズ修理の塗装工程は完了。
s-dc100699.jpg
s-dc1006102.jpg
続いて、リヤフードショックの交換。
s-dc1006122.jpg
ポルシェと同様、ショックがヘタってくる事により、
フードが保持出来ず下がってくるので交換。
s-dc1006123.jpg
特別交換作業は難しくないのだが、何分取付部の位置が奥まっているため
すごく作業し辛いだけで、車本体に毛布を掛けての作業。
s-dc1006112.jpg
取り外ししたショック。
ポルシェと良く似ているのだが、部品価格はポルシェの2倍だった。
さすが、フェラーリ。
s-dc1006131.jpg
ダンパー交換を終えて初めて解ったのだが、
355の場合室内からオ-プナーのレバーを引くと
ゆっくりとリヤエンジンフードが開いて来るし。
s-コピー (1) ~ dc1006145
それもこの開き方、すごく品があるゆっくりとした開き方で
これぞフェラーリだと感じた出来事。

こんな調子で、かなり出来てきたF355。
スポンサーサイト



カテゴリ: フェラーリ F355

[edit]

Posted on 2012/10/29 Mon. 21:37    TB: 0    CM: 0

トラックバック

トラックバックURL
→http://bsshirasaki.blog118.fc2.com/tb.php/1630-8a2c79ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード