FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

Y60 サファリ フレーク塗装 

各部品の下地後、塗装の工程なのだが、
塗装されているのはフレーク塗装。

大粒のアルミ粒状で、普通のスプレーガンではノズルに詰まってしまうのと、
s-dc043053.jpg
フレークの粒が重すぎて下に沈んでしまうので、
専用スプレーガンを用いての塗装。
s-dc043020.jpg
エアーの力でスクリュウーを塗料カップの中で回転させる事により
フレークの粒を下に沈まなくなっており、ノズル穴もでかく作られた
フレーク専用のスプレーガン。
s-dc043025.jpg
塗装工程としは、最初にベース色となる黒色を塗装して、
s-dc043033.jpg
s-dc043040.jpg
シンナー希釈を高めたクリヤーの中に対してフレークを混ぜたものを
s-dc043083.jpg
先ほど説明した専用スプレーガンを使っての塗装なのだが、
問題なのは、塗装してもフレークの粒が部品に対して
付着してくれる量が少なくて、1回の塗装で付着するフレークの量は、この程度。
s-dc043069_20130508214642.jpg
こんな調子で何回も塗装するのだが、物体に付着する量に比例して
塗装ブース内で舞い落ちる量も多く、床フィルターも含め
フレークの粒だらけになりながらの塗装。
s-dc043098_20130508214649.jpg
これをフレークの粒子だらけにするのには、
とんでもない塗装回数の作業。

塗装回数が増えると、同時に塗装してますクリヤーの量も多くなり、
必然的に、乾燥の問題とクリヤーのタレの問題が生じてくるので、
すごく長い塗装時間の元、フレーク塗装完成。
s-dc0430119.jpg
s-dc0430101.jpg
s-dc0430102.jpg
s-dc050214.jpg
s-dc050217.jpg
今回一緒にフレーク塗装した部品
s-dc0430157.jpg
s-dc0430113.jpg
s-dc050232_20130508214725.jpg
s-dc050238.jpg
s-dc050244_20130508214827.jpg
s-dc050243.jpg
s-dc050242.jpg
s-dc050236.jpg
塗装したフレークはレインボーフレークなので、
光があたるとこんな感じ。
s-dc050201_20130508214653.jpg
こうしたフレーク塗装、仕上げにそれなりにクリヤー単体で塗装しても
フレークの粒が大きすぎて、クリヤーで埋まらない為、
s-dc0430164_20130508215034.jpg
この状態で常温にてのクリヤー乾燥後、クリヤーの上に飛び出ている
フレーク粒子の頭を研ぎ落として、再度クリヤー塗装の仕上げの工程なので、
今は、乾燥中の各部品。
s-dc050245_20130508214834.jpg
こうしたフレーク塗装をした後は、他の塗装します塗装面に
フレークの粒が付着したら大変な事になるので、
塗装ブース内の清掃と全フィルター交換。
s-dc050293.jpg
なにかもが大変なフレーク塗装、、、、。
スポンサーサイト



カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2013/05/09 Thu. 22:06    TB: 0    CM: 0

トラックバック

トラックバックURL
→http://bsshirasaki.blog118.fc2.com/tb.php/1727-fc18114c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード