FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業分。

剥離作業している時から気になってはいたのだが、
何故か一番下の塗膜の色が赤錆色で、
ハンダしてあるところにも赤錆色のプライマーの上にパテあり。
DSC_9131 (800x536)
この赤錆色のプライマーが、パネル全面に塗ってあるようで、
DSC_9078 (800x536)
どうも過去に一度剥離作業されているよう。

まずは、素地金属の研磨作業の前に、
ハンダ部の所の修整からで、ハンダの下側にサビの可能性あるので、
バーナーであぶって、ハンダの辞去作業から。

全ての箇所のパネル接合部には、スポット溶接とMIG溶接にての取り付け方で
これがハコスカGT-R、43年前の新車製造時の、パネル接合面。

なかなか見れない所だょ~ん。。
DSC_9153 (800x536)
DSC_9236 (800x536)
DSC_9230 (800x536)
DSC_9218 (800x536)
DSC_9194 (800x536)
DSC_9200 (800x536)
かなりの幅で段差あるのと、隙間も今の車の製造方法から見ると
アバウトな仕上げ方。

ちなみに、今の車の場合だと、パネル隙間はほとんどなくて、
パネル接合面に対してロウ付けされてます。

フロントガラス下側においては、ハンダとロウ付けされており、
DSC_9203 (800x536)
DSC_9209 (800x536)
一部叩いて潰したような箇所と、パネル出っ張りを削ってあり、
開いた穴も一緒にハンダで埋めてあったし、、、。

各部隙間にあったサビも綺麗に辞去して研磨。
DSC_9238 (800x536)
DSC_9235 (800x536)
DSC_9243 (800x536)
DSC_9236 (800x536)
続いて、パテ作業してあった右リヤフェンダー下部、
DSC_9269 (800x536)
パテをサンダーで研ぎ落としていったら、
DSC_9270 (800x536)
すでに、過去に一度パネルの切り継ぎ作業してあったし、、、。
DSC_9274 (800x536)
こんな感じで、剥離作業にて、色々な事が見えてきた、
KPGC10 ハコスカGT-Rでした。


スポンサーサイト



カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2015/12/16 Wed. 21:56    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード