FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

測色機 スタンドックス アクワイヤー 

お盆休み前に購入を決めた、測色機 スタンドックス アクワイヤー、
先日ヒルストンの技術の方が、岐阜県多治見市から来てくれ納入~
DSC_4101 (800x536)
DSC_4104 (800x536)
早速、今入庫しているオデッセイにて使い方の講習~。
DSC_4159 (800x536)
スタンドックス アクワイヤー本体を、
DSC_4108 (800x536)
DSC_4110 (800x536)
測定する塗装面に当てて、デジカメで言うと3回撮影後に
DSC_4165 (800x536)
パソコンにアクワイヤーを接続すると
専用ソフトスタンドウィンiQにて配合データーを
検索してくれる測色機。
DSC_4194 (800x536)
このスタンドウィンiQ、スタンドックスのとんでもなくある
配合データーの中から、
近似色を探してくれるのも凄い事なのだが、
それより優れているのは、近似色のデータを元に
修正機能を備えているところ。

説明によれば、1回分程度の調色作業を、
パソコンが修正してくれるレベルの機能で、
どの態度合っているのかも、割合での表示あり。
DSC_4209 (800x536)
中はどうなっている構造なのかは全く不明なのだが(笑)(笑)(笑)

この後の作業は通常通り、
DSC_4207 (800x536)
重量比にてはかりにて計量して作るだけ。
DSC_4161 (800x536)
でも、この機械は調色機ではないので、
最終的には作業者の方々での微調整が必要。

しきりに、自己防衛のため何回も販売店の方は
誤解しないようにと説明してましたが、、、(笑)

実験的に、今作業してますカントリーマンの場合ですと
DSC_3243 (800x536)
今の車のように色番号が記載されているコーションラベル等がなく、
何の色なのか特定するだけで結構な時間を要したりして、
その上に、過去に室内外すべて補修塗装歴ありなので、
何がどうなっているのか、調色するまでに大変だったのだが、
今回塗装する室内部の塗膜面にアクワイヤーを使って測定後に、
DSC_4146 (800x536)
DSC_4126 (800x536)
メーカー名や色番号を一切入力せずに、
スタンドウィンiQにてデータ検索したら、
DSC_4129 (800x536)
近似色としてヒュンダイのデーターが出てきて、
データ修正後98.9%と表示あり。
DSC_4134 (800x536)
どの程度色が合っているのかと、データーを出して
DSC_4144 (800x536)
少量を作って
DSC_4139 (800x536)
現車確認してみたら、少しグリーンが強かったのだが、
DSC_4171 (800x536)
あくまで測色機と考えると、かなりの優れ物で、
調色がかなり楽になるのに間違いないアイテム。

しかし、25歳で独立した時には、国産塗料に1コしかない配合データと
あとは、混ぜ棒と調色カップがあれば調色作業できたのに、
26年経った現在は、輸入塗料スタンドックス、専用ミキシングマシーン
デジタルはかり、アクワイヤーと、スタンドウィンiQ
調色作業これだけデジタル化されて、
時代が確実に変わって来てます塗装現場。

しかし、お金かかりますわ、、、(笑)(笑)。
スポンサーサイト



カテゴリ: 設備

[edit]

Posted on 2016/08/21 Sun. 08:57    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード