FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

1972y ナローポルシェ911 レストア作業  

作業台車製作後の1972y ナローポルシェ911、
DSC_0402 (1024x680)
DSC_0439 (1024x680)
車側に残っていたこまかな部品を取り外し~。

これで何もボディ本体に付いてないょ~。
DSC_0443 (1024x680)
DSC_0444 (1024x680)
配線の1本も残ってません~。
DSC_0452 (1024x680)
DSC_0463 (1024x680)
DSC_0447 (1024x680)
DSC_0456 (1024x680)
DSC_0464 (1024x680)
ボルト1本も無いですよ~ん。
DSC_0450 (1024x680)
DSC_0448 (1024x680)
DSC_0435 (1024x680)
DSC_0436 (1024x680)
空冷ポルシェの場合、フロアセンタートンネルを通って、
ブレーキや燃料のラインがあり、ハーネス関連や
アクセルロッド、シフトロッド、クラッチやサイドブレーキワイヤーと
色々なモノが、ここを通ってフロントとリヤを行き来しているホール。
DSC_0437 (1024x680)
全部取り外して、何もないょ~。
DSC_0461 (1024x680)
完全に全バラしたところで、用意したゴム栓6個。
DSC_0124 (1024x680)
何に使うのかと言うと、
まずは室内側の左右ヒーターダクトの穴の蓋。
DSC_0128 (1024x680)
空冷ポルシェの場合、ヒートエクスチェンジャからの熱を
ステップ内部にあるパイプを通ってここへ出で来る構造なのだが、
ここのホール内部にゴミとかモノを落してしまうと、
もう2度と取れないブラックホール。(笑)

この次の作業として、高圧洗浄するのだが、
水の侵入を防ぐ目的も兼ねての蓋。

たぶんここに水入れてしまうと、水抜きのドレン穴ないと思うので、
大変な事になると思う。

勢いでの作業は厳禁です、、、。

よってエンジン側も、左右共キャップ。
DSC_0132 (1024x680)
あと2個は、左右リヤトーションバーのホールの蓋。
DSC_0131 (1024x680)
ここは、横方向にパイプ構造になっており、
内部はグリスが入っているので、ヒーターパイプ同様
内部にゴミや水の侵入を防ぐ為の蓋。

これで洗浄の下準備完了~。

次は、高圧洗浄機にてボディ全面を
ジャブジャブ丸洗いします。(笑)
スポンサーサイト



カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2019/01/18 Fri. 21:33    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード