FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア作業、
各部品を清掃したりして、組み付け作業で、
細かな所は修整作業しての作業~。

まずは、運転席側外気導入ダクトの修理。
DSC_0999 (1024x680)
製造後40年近くも経てば当然なのだが、
スポンジが劣化してボロボロ状態、、。

中のフラップのスポンジボロボロ、、、。
DSC_1001 (1024x680)
こうした所、スポンジが劣化して取れて来ますと、
気密性が保てなくなり、隙間風が入ったり、
ヒュルル~と風の音がしたりします。

まずは、取り外せる部品を外して全バラに~。
DSC_1005 (1024x680)
構造は至ってシンプルで、レバーを動かすとフラップが動くもの。
DSC_1012 (1024x680)
可動部レバーを取り外して、
DSC_1021 (1024x680)
取り付けブラケットを取り外ししたら、
どうも簡易的な黒色塗装のようで、塗膜剥がれしており、
サビが出ていたので、
DSC_1024 (1024x680)
サンドブラストにて旧塗膜を剥がして、
DSC_1047 (1024x680)
お決まりの下地塗装へ~。
DSC_1056 (1024x680)
DSC_1063 (1024x680)
外気導入ダクトにおいては、劣化してますスポンジを全部取り除いて、
DSC_1036 (1024x680)
DSC_1033 (1024x680)
フラップ部が錆びていたので、サビ落としてから防錆プライマーを塗装。
DSC_1066 (1024x680)
フラップ部は分解できないので、このままの状態でマスキング作業後、
DSC_0520 (1024x680)
DSC_0523 (1024x680)
可動レバーブラケットと一緒に、
DSC_0525 (1024x680)
艶消しブラック塗装~。
DSC_0535 (1024x680)
DSC_0529 (1024x680)
この後は、
DSC_0547 (1024x680)
スポンジを貼ってから、
DSC_0572 (1024x680)
DSC_0567 (1024x680)
元通りの状態に戻して、運転席側外気導入ダクト完成。
DSC_0576 (1024x680)
DSC_0574 (1024x680)
一緒に平行して作業したのが、ボンネットオープナーケーブル、
DSC_0690 (1024x680)
グリップ部固定ステーが汚れていたので、
DSC_0693 (1024x680)
外気導入ダクトと一緒に塗装~。
DSC_0700 (1024x680)
DSC_0701 (1024x680)
ワイヤーケーブルに付着していた塗料はシンナーにて拭き取り完成。
DSC_0708 (1024x680)
DSC_0710 (1024x680)
これらパーツを取り付けして、
DSC_0584 (1024x680)
ヒーターケースも取り付けして、
DSC_0959 (1024x680)
DSC_0963 (1024x680)
部品組み付け中~。
スポンサーサイト



カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/01/21 Tue. 21:16    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード