FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

亜鉛メッキについて 



日本車の場合ですと、昭和の時代60年頃から生産されてます車から鋼板表面に錆びにくくする為に亜鉛メッキ処理がされる様になり錆びに対してはもの凄く強くなり、昔の車の様に例えばドア下部等が腐食して鋼板が穴が開く事は非常に少なくなり、現在では10年乗ってもまず錆びが発生してボロボロになる事は無く乗り続ける事が出来る程までになってます。

ちなみに欧州車は日本車よりかなり以前から防錆に対する考え方進んでおり35年程以前から亜鉛メッキされていて、日本車に比べますとかなり以前から防錆処理されてますのが良く解ります。
また欧州車の場合、亜鉛メッキも日本車から比べますと亜鉛メッキの厚さが違いとても厚くメッキされていて、鈑金後に旧塗膜をサンダーで削り落としていきますとメッキ処理されてます層の厚さが良く解ります。
写真一番上の赤○印の白い部分(車はルノーです)が亜鉛メッキ層の所になります。

ただ亜鉛メッキの層の厚さによりパテとの密着の問題が生じて鋼板に直接パテを付けるとブリスターやパテの痩せが生じてしまいキワが出てしまうトラブルが多く、亜鉛メッキとパテとの密着は悪く最近のパテはすべて防錆鋼板用にはなってはいますが、これで万全ではなくトラブルが出やすい箇所でありプライマー塗装で下処理になります。

ただ、何事もそうですが、これをしたから絶対大丈夫だとはいえませんが、、、。
今の所はそれを防ぐのにはプライマーを塗装してからのパテ付け工程で仕上げるしかないのが現状でこの様に作業してます。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2008/01/11 Fri. 00:00    TB: 0    CM: 0

トラックバック

トラックバックURL
→http://bsshirasaki.blog118.fc2.com/tb.php/303-930ec436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード