FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

ゴルフ5  新品ドアパネル交換 



過去にも少し紹介したことがあるのですが、ゴルフ5のドア構造はアウターパネルとインナーパネルが2分割になっており、ボルトで固定されていているのですが、アウターパネル側に付く固定ブラケットについては、パネルとブラケット部が接着剤で貼り合わせしてあります。
よって、アウター部のパネルを交換するのには、インナー部のドア本体を車側に取付しておいてから、現車に併せて各パネルとの面合わせやスキ間の調整をしながらパネルの位置出しをして接着剤にて貼り付けになります。

今回修理してます車の場合ですと、フロントフェンダー交換、フロントドア(アウター、インナー共)交換、フロントピラー修正、ロッカーパネル修理の作業なのですが、問題なのはフロントピラーの修正でドアヒンジ取付部に入力があり変形しており、それにあたり修正していく方法においては、新品のドアを仮付けしてドアとボディとの各部の面の位置を見ながら修理していくのですが、ゴルフ5の場合ですとインナー部と分割になっているので個別にパネルの位置出しになってしまうのと、インナーパネル部に付いてますウエザーストリップが両面テープで貼ってあり、再使用不可なのと仮付けも出来ないので、先に新品のインナーパネルをボディ色に塗装してから各付属部品を組み付けしてからウエザーストリップの当たり具合とドアの閉まりを見ながらの作業になってしいます。
その後、新品アウターパネルをインナー部を仮組みして各パネルとの隙間や面を合わせ接着剤であり合わせで作業しているのですが、通常ですとドアパネルを取付すればどこが変かが判断出来るのが、今回の様にピラー修正作業もありますと、こうしたパネル構造ですと1つ1つの位置出しが難しく大変手間が掛かり修理する側とすれば困る構造であります。
写真一番上が、新品インナーパネルに付属分を組み付けした状態で、写真真ん中は現車に合わせてアウターパネルを
接着剤で貼り付けしている写真で、一番下が使用した接着剤(純正部品)と各パネルの隙間や面出しに使用します専用工具です。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2008/11/01 Sat. 00:00    TB: 0    CM: 0

トラックバック

トラックバックURL
→http://bsshirasaki.blog118.fc2.com/tb.php/442-01aa1b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード