FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

Golf Variant 



過去に他の修理工場で左フロントドアパネル交換したGolf Variant なのですが、お客様から再塗装した所が何故か物体が塗装面に反射して写り込み方が違うとの相談で現車確認した所、塗装面の肌がまったく無く綺麗に平坦な鏡面肌になつているのが解り、さらに話を聞いた所最初に修理出来た時に塗装面が凹凸のあるミカン肌でザラザラだった為修理工場にクレームした所この状態になったと聞き、再度塗装面を確認した所磨きで使用しますポリッシャーが使えない隅々には塗装した時の塗り肌が残っており塗装面にはザラツキが確認出来ました。

メタリック塗装なので、フロントドアパネル交換において隣接するパネルフロントフェンダーとリヤドアがボカシによるクリヤー塗装がされていており、まだボカシ工程での塗装パネルについては新車の肌は残っていたのですが、交換してますドアパネルにおいては塗り肌を修正する為に塗装面の凸部すべてをペーパーで研ぎ落としてからコンパウンドで磨きした為に平坦な塗り肌になっており、さらにその塗装面に対してスポット的にさらに補修塗装しているのも解りました。

色々と相談した結果私共での再塗装の依頼になったのですが、スポット的に部分補修塗装してます所については、塗膜の痩せが生じていて塗装際が丸く描く様なワキが出来ていたのでこの状態で上からサフェサー等で処理しても次なるトラブルの原因になるので、ドアパネルについては剥離での作業で下地から作る事にしました。

塗装の剥離については、適切な処置をしないとサビによる剥がれやブリスターの原因になりやすい所であるので本来ですと新品パネル交換が良いのではあるのでが、今回は予算の関係もあり剥離での作業でしており、塗膜剥離後速やかにエッチングプライマー(写真真ん中)塗装後、2:1のサフェサーで仕上げて下地工程まで終えてます。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2009/08/02 Sun. 00:00    TB: 0    CM: 0

トラックバック

トラックバックURL
→http://bsshirasaki.blog118.fc2.com/tb.php/788-1b547f09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード